hidariHP 2カラムレイアウトの問題点

category
カテゴリ
Last Update

見栄えのいい、情報量の多いサイトを作る場合、2カラム、3カラムレイアウトにしたいと思うだろう
少しウェブデザインの知識があれば簡単に実現できるが、問題は多い

  1. 見るブラウザーによって崩れる
  2. ディスプレイサイズやブラウザのレイアウトによって、画面に表示しきれなくなる
  3. htmlとcssのコードが長くなり、可読性の低下、編集に時間がかかるようになる
  4. floatや絶対値が意図しない動作を引き起こし、レイアウトがまた崩れる
  5. スマホや携帯の画面では大きすぎて表示しきれない。googleのモバイルフレンドリーツールで、コンテンツの幅が画面の幅を超えていますと表示されてしまう
  6. サイドに表示されるカラムにメニューなどコンテンツを用意して、テンプレート機能などを駆使して、更新されるようにしなければならない

ひとつひとつはたいした問題ではないが、ちりも積もれば、常時上記の課題を抱えているとなると話は別
素人には2カラムレイアウトなんて当然だと思われるだろうが、これが作る側としては手間がかかるものなのだ
裏を返せば、2カラムレイアウトのサイトは、シングルより一段上のレイアウトをもつサイトだといえる
しかしグーグルに評価されるわけではないので、検索で人が来ないのに、わざわざ2カラムレイアウトにしても無駄な苦労である

2カラムレイアウトのメリットは、ユーザービリティーを向上させ、検索エンジンで訪れたユーザーに、
さらに別の記事にアクセスしてもらいやすくなることが考えられる。
逆に言えば、それほど明確な意図があり、
見てもらうことに収益が発生するような完成されたサイトでないとそこまでする理由がない

ウェブデザインは進歩しないのか

そもそもブラウザも2カラムレイアウトも誕生してから20年以上たってるのに、このレイアウトの実現が面倒なのはどうにもならないだろうか
すばらしい素材やスクリプトを駆使して、こったデザインのサイトはいくつも誕生したのに、コレだけは相変わらず簡単にならない
たとえば閲覧中のウェブページのディレクトリにmenu.htmlがあれば、ブラウザがそれをサイドバー表示してくれるなど
そういった機能が誕生することを待ち望む