hidariHP お勧めクレジットカード

category
カテゴリ
Last Update

よく使うクレジットカードは?

私は入会キャンペーンとネットショッピングのポイント目当てで、いくつもカードを作ってきた
最近のクレジットカードは年会費無料だし、すぐに解約してしまうので、後日請求がくる様なトラブルはなかった
いわゆるカード乞食であり、カード会社としては最悪の顧客なんだろうが

ほぼネットショッピング利用のみの場合、お勧めのクレジットカードは、楽天とyahooとamazonの三つ
それぞれのショッピングサイトでポイントボーナスがつくので、普通に購入するよりずっとお得
それぞれ年会費も無料。amazonは条件付で無料。年に一回だけamazonで購入すれば無料となる

yahooカードが一番お勧め

この三つの中で一番使っているクレジットカードはyahooカード
yahooショッピングをよく使う人にはもっともお得なカードで、 yahooプレミアムに入会していればさらにポイントがもらえる
yahooショッピングは今三大ショッピングサイトとして数えられており、商品は非常に豊富。
ポイントの使い道には困らないだろう

yahooカードは入会キャンペーンのポイントが10000円くらいもらえる
新規入会するだけで5000PT、カード一回利用で2月に5000PTほどもらえる
またyahoo以外利用で+3%のポイントがもらえるキャンペーンをやっているときがある。
このポイントはyahooの期間固定ポイントになってしまうが、ポイントボーナスの中では破格だろう。

さらにA8ネットの自己購入を併用、a8ネットから新規加入すれば、キャンペーン中はさらに+3500円の報酬を得られる

それ以外のカードはセルフアフィリエイトの報酬でカードを作るかどうか決める
とにかくカードを作って自己購入の報酬がほしい人はa8ネットのみを使うとよい。自己購入のサイトなかでは報酬が高め

楽天とamazonはギフトカードが購入できるので、カードをあまり使わない

楽天とamazonはギフトカード購入サイトで、ギフトカードを購入することができる
額面の93%位で購入でき、コレを使うとカードはほとんど利用なくなる

一方yahooはギフト券が今のところ存在しないので、カードの利用頻度が最も高い

クレジットカード乞食とは

最近のクレジットカードは年会費、維持費ともに無料のものが多く
さらに作るだけで5000円分以上のショッピングポイントがもらえる
それに目を付けて、入会キャンペーンポイントをもらうためだけに幾多のカードを作ることを
クレカ乞食とか、クレジットカード乞食という。(正式名称はない)

クレジットカードの作成は審査や入力がめんどくさい
しかし最近はオンラインで情報を入力するのみ。
それも身分証明書類もスマホで取ってアップロードするだけのものもある
めんどくさいのは個人情報の入力と勤務先の情報入力だけで、これもPCにtxtで保存しておけば簡単
慣れている人なら5分でカードを発行できるので、カードをいくつも作って、ポイントだけもらってしまえる

クレカをついつい使いすぎ、作りすぎて自己破産するのとは新逆の存在で
私含む、すこしでもケチりたいために、労力を惜しまず幾多のカードを作る輩である
卑しい行為だが、クレジットカードを使いこなしているといえなくもない

クレジットカードと聞くと、いろいろと高額な請求が来そうな危ないイメージがある
しかしリボ払いに申し込まず、一回払いのみの設定にしておけば、
キャッシュカードと変わらず余計な手数料は一切かからない
それどころか提携のショッピングサイトで使えば、購入金額の1%〜5%分ぐらいのポイントがつき
現金で買うよりずっとお得になる

作るカードは初心者はとりあえず、yahooとamazonと楽天の三枚が定番
この三枚は入会キャンペーンを頻繁にやってうえ、
それらのショッピングサイトで商品を購入すると、ポイントボーナスがもらえるので利用価値が高い
ネットでともかく安く商品を購入したい場合、この三つのサイトと三枚のカードを使い分けて購入すると
最安値で商品を購入できる

ポイントの有効期限に注意する

クレジットカード新規入会キャンペーンのポイントは、各種クレジットカードサービス提携のポイント
yahooならTポイント、楽天なら楽天スーパーポイントとなる
受け取れる条件と時期はしっかり確認して記録しておく
もらえるポイントには有効期限があるので、その前に使いきれるようにする

自己購入でお金をもらう

バリューサーバーやa8ネットを利用してカードを作ると、入会得点に加えて現金がもらえる
定期的にカード作成ポイントアップキャンペーンをやり、メールで告知がくるので、そのときにカードを作ったほうが断然お得
ボーナス期間中では自己購入の報酬として、一枚あたり5000円以上の現金が振り込まれる

クレジットカードを作るのに必要なもの

ネットでクレジットカードを作るのは手続きがらくだが、記入する項目がうんざりするほどある
事前に以下の情報を控えておくと10分程度で手続きが完了できる

  1. 住所(カタカナ)
  2. 住所の番地
  3. 氏名
  4. 電話番号
  5. 郵便番号
  6. 生年月日
  7. メールアドレス
  8. 自宅の居住年数
  9. 同居家族
  10. 配偶者
  11. 子供の有無
  12. 運転免許証の有り無し あったほうが楽
  13. 勤務先(カタカナも)
  14. 勤務先住所(カタカナも)
  15. 勤務先電話番号
  16. 役職
  17. 年収
  18. 借金の有無
  19. 振り替え口座(郵便貯金があれば一番楽)
  20. キャッシング枠の設定(不要)
  21. リボ払いの設定(不要)
  22. ETCカードの発行(不要)
  23. IDカードの発行(不要)

自己購入する場合は報酬の達成条件と、報酬の支払いが終わったか。
それからカードを忘れず解約する予定を書き込んで、忘れずに解約破棄すること
たくさん作ることになるので、秀丸のアウトラインノートを作って管理するのが望ましい

無職でもカードを作れる場合もあるし、私のような年収100万未満のワープアフリーターでもカードは大体発行してもらえる
ただし、身分証明書として免許証がなければマイナンバーカードはほしい
これがあれば、住民票の写しもコンビニで発行できるので、身分証明をクリアしやすい

クレジットカードの報酬をもらうとき注意すること

ちゃんと自己購入サイトを経由すること
一ヶ月に4枚以上のカードを作らない。一番危険な枚数のラインだといわれている
カードの発行が不可になったばあい、その自己購入サイトでは報酬がもらえない(2度目以降の申し込みとなる)
そのため別の自己購入サイトを経由して報酬をもらう

カードは一年以上は保持する

年会費を払いたくない、資料を送付されたくないという理由でカードを解約してはいけない
あまり早く解約すると、ブラックリストに載ってしまういカードを作れなくなってしまう

カードは最低でも半年程度は保持したほうが良い。
年会費が無料なカードは保持しつづけたほうがリスクは少ないだろう