危険物取扱者乙4類-火災消火問題

危険物の類ごとの一般的性状について、次のA~Eのうち、正しいものはいくつあるか。

  1. 第1類の危険物は、酸化性の固体であり、衝撃、摩擦等により酸素を放出し、周囲の可燃物の燃焼を著しく促進する。
  2. 第2類の危険物は、可燃性の液体であり、比重は1より小さい。
  3. 第3類の危険物は、自己反応性の物質であり、多くは分子中に酸素を含んでいる。
  4. 第5類の危険物は、自然発火性または禁水性の固体であり、空気または水との接触により発火するおそれがある。
  5. 第6類の危険物は、不燃性の液体であり、有機物と混触すると、発火・爆発するおそれがある。
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. 5つ
  1. 第1類=酸化性固体○
  2. 第2類=可燃性固体×
  3. 第3類=自然発火性・水性物質×
  4. 第5類=自己反応性物質×
  5. 第6類=酸化性液体○

第一類と第六類は酸化性・不燃性という共通の特徴を持つ
また第一類(固体)と第六類(液体)であり、一番5番はそれらの特徴を全て満たしており、○

  1. 第2類は固体×
  2. 自己(こ)反応性は第五(ご)類であり誤り。第三類は自然発火性および禁水性物質×
  3. 第5類は物質(液体と固体)×

第4類の危険物の一般的性質について、誤っているものはどれか。

  1. 常温(20℃)で、ほとんどのものが液状である。
  2. 引火して炎を上げて燃える。
  3. 沸点が水より高いものがある。
  4. 燃焼範囲は下限界と上限界を持つ。
  5. 燃焼点が引火点より低いものがある。
  1. 四類は常温で液体○
  2. 四類は引火性液体○
  3. 沸点は危険等級上位は低い。第二石油類から、水より沸点が高くなる○
  4. 燃焼範囲の説明○
  5. 4類の危険物に、燃焼点が引火点より低いものはない×

燃焼点=燃焼が継続するのに必要な最低の液温。
一般に燃焼点は引火点より高い値を示す。
4類の危険物に、燃焼点が引火点より低いものはない

燃焼範囲=液体の発生する蒸気が、点火すると燃焼する。その条件を満たす可燃性蒸気と空気の含有率範囲
下限界と上限界とが存在し、この範囲内だと点火物で燃焼するが、範囲外だと燃焼しない

次の危険物のうち、燃焼範囲の最も広いものはどれか。

  1. ガソリン
  2. 二硫化炭素
  3. メチルアルコール
  4. 灯油
  5. トルエン

燃焼範囲(爆発範囲)=可燃性蒸気が引火する、空気中の可燃性蒸気含有率
第四類危険物のなかで、もっとも危険なのは、特殊引火物に属する二硫化炭素
二硫化炭素はこの燃焼範囲が広いため危険である。燃焼範囲の数値を覚える必要はない

  1. ガソリンの燃焼範囲=1.4%~7.6%×
  2. 二硫化炭素の燃焼範囲=1.3%~50.0%○
  3. メチルアルコールの燃焼範囲=6.0%~36.0%×
  4. 灯油の燃焼範囲=1.2%~6.0%×
  5. トルエンの燃焼範囲=1.2%~7.1%×

二硫化炭素の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 引火点が0℃以下である。
  2. 燃焼すると有毒な二酸化硫黄を発生する。
  3. 発火点が100℃未満である。
  4. 燃焼範囲が広く下限の値も低い。
  5. 水によく溶け蒸気は空気より重い。
  1. 二硫化炭素から発生する蒸気は、氷点下(-30度)でも引火する○
  2. 蒸気は有毒で、燃焼性生物の二酸化硫黄も有毒○
  3. 点火源なしで発火する温度(発火点)が90度ともっとも低い○
  4. 燃焼範囲も広く、わずかな蒸気濃度で引火する危険性○
  5. 特殊の中で二硫化炭素のみ非水溶性(水に溶けない)。比重は四類で一番重い(水より重い)×

アクリル酸の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 蒸気は空気より重い。
  2. 蒸気を吸入すると粘膜がおかされ、気管支炎、肺炎などを起こし、液体に触れると炎症を起こす。
  3. 酢酸のような刺激臭のある無色の液体である。
  4. 重合しやすいので、市販されているものには重合防止剤が含まれている。
  5. 重合しやすいが、重合熱は極めて小さいので、発火・爆発のおそれはない。
  1. アクリル酸は2石水溶。四類の蒸気は空気より重い○
  2. アクリル酸の特徴○
  3. 四類液体はほぼ無色で臭いがある○
  4. アクリル酸の特徴○
  5. アクリル酸は重合しやすく、重合熱が大きいので、発火・爆発の恐れあり×

エタノールの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 無色透明で芳香がある。
  2. 水とどんな割合にも溶け合う。
  3. 沸点は、100℃より低い。
  4. 引火点は、0℃以下である。
  5. 蒸気の比重は、空気より重い。
  1. 四類はほぼ液体の色は無色で、臭いがある○
  2. アルコール類(エタノール)は全て水溶性○
  3. エタノールの沸点は、78℃である。○
  4. アルコール類は常温で引火するが、引火点は全て10度以上
  5. 四類の蒸気は空気より重い

グリセリンの性質について、正しいものはどれか。

  1. 引火点は100℃以下である。
  2. 水よりも比重が小さい。
  3. 蒸気は空気よりも比重が小さい。
  4. ベンゼンに溶けない。
  5. 沸点は約190℃である。
  1. グリセリンは第三石油類、水溶性。三石の引火点はほぼ100℃以下だがグリセリンは引火点が高い。160℃×
  2. 第三石油類は重油以外、比重が一より大きい×
  3. 四類の蒸気は空気より重い×
  4. 四類はほぼ有機溶媒に溶けるが、グリセリンやエチレングリコールは例外○
  5. グリセリンの沸点は290℃×

第3石油類の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 重油は、褐色または暗褐色で粘性のある液体である。
  2. クレオソート油は、無色透明で粘性のある液体である。
  3. アリニンは、無色または淡黄色の液体だが、酸化されると褐色に変化する。
  4. グリセリンは、無色透明で粘性のある液体である。
  5. エチレングリコールは、無色透明で粘性のある液体である。
  1. 重油は四類で珍しい色つき液体(褐色)で粘性がある○
  2. クレオソート油は、黄色または暗緑色で粘性のある液体。×四類の液体は無色だが、重油とクレオソート油は例外
  3. アリニンは、無色または淡黄色の液体だが、酸化されると褐色に変化する。○
  4. 四類の液体は無色○
  5. 四類の液体は無色○

次のうち、引火点の低い順番に並んでいるものはどれか。

  1. ガソリン、軽油、重油、シリンダー油
  2. 軽油、ガソリン、重油、シリンダー油
  3. シリンダー油、重油、軽油、ガソリン
  4. 重油、軽油、シリンダー油、ガソリン
  5. ガソリン、重油、シリンダー油、軽油
  1. ガソリン=一石非水(-40℃)
  2. 軽油=二石非水(45℃~70℃)
  3. 重油=三石非水(60℃~150℃)
  4. シリンダー油=四石(250℃)

アセトン、エチルメチルケトンの火災に対する消火方法として、適切でないものはどれか。

  1. りん酸塩類等を使用する粉末消火剤を放射する。
  2. 二酸化炭素消火剤を放射する。
  3. 棒状の水を放射する。
  4. 水溶性液体用泡消火剤を放射する。
  5. ハロゲン化物消火剤を放射する。
  1. アセトン=1石水溶
  2. エチルメトルケトン=一石わずかに水溶性
  3. 四類の火災に棒状の水を放射すると、危険物が水に浮いて火災の範囲を広げてしまう×
  4. 水溶性危険物に水溶性液体用泡消火剤を用いることは適切○

危険物の性質について、正しいものはどれか。

  1. 危険物には酸素を含有し酸素供給が無くても燃焼するものがある。
  2. 類が同じ危険物は同じ分子構造を持つ。
  3. 不燃性の危険物はない。
  4. 常温で気体、液体、固体の危険物がある。
  5. 酸化性の固体と液体は同じ類である。
  1. 第五類自己反応性物質○
  2. ぜんぜん違う×
  3. 第一類と第六類は不燃性危険物×
  4. 常温で気体の危険物はない。×
  5. 酸化性固体は第1類で、酸化性液体は第6類×

第4類の危険物の一般的な性質について、誤っているものはどれか。

  1. 引火性を有する液体で、自然発火性を有するものが多い。
  2. 可燃性の蒸気は、空気と一定範囲の混合割合でなければ燃焼しない。
  3. 電気の不良導体で、静電気が蓄積されやすく、静電気の火花により引火することがある。
  4. 引火の危険性は、引火点が低い物質ほど高く、引火点の高い物質ほど低い。
  5. 発火点が100℃以下のものもある。
  1. 第4類危険物の中で、自然発火の恐れがあるのは動物性植物油類だけ×
  2. 燃焼範囲の説明。空気と一定範囲の混合割合で点火すると、蒸気が燃焼する○
  3. 四類の静電気の危険性の説明○
  4. 特殊引火物は引火点が-30℃と最も低く、もっとも引火しやすい。
  5. 四類で発火点が100℃以下なのは、二硫化炭素(90℃)のみ。次点でジエチルエーテル(160℃)

次の危険物のうち、引火点が0℃以下の組合せはどれか。

  1. 二硫化炭素、重油
  2. トルエン、メチルアルコール
  3. ジエチルエーテル、ガソリン
  4. ベンゼン、エチルアルコール
  5. アセトアルデヒド、軽油
  1. 二硫化炭素=特殊引火物-30℃、重油=三石非水70℃~150℃×
  2. トルエン=一石4℃、メチルアルコール=アルコール類11℃×
  3. ジエチルエーテル=特殊引火物-45℃、ガソリン=一石-40℃○
  4. ベンゼン=一石非水-11℃)、エチルアルコール=アルコール類13℃×
  5. アセトアルデヒド=特殊-39℃、軽油=二石50℃~70℃×

左側は特殊引火物、第一石油類で、引火点が低い
引火点が0℃以上なのは、トルエン(第1石油類)だけ。
問題は右側で、引火点が0を下回るのはガソリン(-40℃)のみ
よって正解は右側にガソリンが入っている三番となる

1-ブタノールの性質として、誤っているものはどれか。

  1. 水に可溶である。
  2. 酸化するとブチルアルデヒドおよび酢酸になる。
  3. 燃焼範囲は、約1.4~11.2vol%である。
  4. 皮膚や目などを刺激し、薬傷を起こす。
  5. 引火点と発火点は軽油とほぼ同じである。
  1. 1-ブタノール(n-ブタノール)はアルコールのような名前だが、第二石油類に該当する。水にわずかに溶ける○
  2. 酸化するとブチルアルデヒドおよび酢酸になる。○
  3. 燃焼範囲は、約1.4~11.2vol%である○
  4. 皮膚や目などを刺激し、薬傷を起こす。○
  5. ブタノールの引火点=29・発火点344度。軽油の引火点は45℃、発火点は約220℃×

ブタノールは非常に厄介な危険物で、問題の難易度が激増する
アルコール類のような名前だが、第二石油類
第二石油類の指定数量1000だが、水溶性である。水にわずかだけ溶ける

他ははっきり言ってわかるわけない。感で5番だと答えるしかない
第四類危険物の引火点と発火点は範囲が広いため、両方が一致することはまずない
ブタノールも軽油も知らんが、引火点と発火点が一致するような偶然はあり得ないと5番を選ぼう

アセトンの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 無色透明な揮発性の液体である。
  2. 引火点は常温(20℃)より低い。
  3. 沸点は100℃より低い。
  4. 水に任意の割合で溶けるが、ジエチルエーテル、クロロホルムにはほとんど溶けない。
  5. 過酸化水素、硝酸と反応し、発火することがある。
  1. 四類は無色透明。アセトンは危険等級の高い第一石油類なので、揮発性が高く、蒸気が発生しやすい○
  2. 一石の引火点は常温より低い○
  3. 一石の沸点はほとんど100℃より低い。○
  4. 水溶性。四類は有機媒体にほぼ溶ける×
  5. 過酸化水素、硝酸と反応し、発火することがある。○

灯油の性質について、正しいものはどれか。

  1. 水によく溶ける。
  2. 蒸気は、空気よりわずかに軽い。
  3. 自然発火しやすい。
  4. 引火点は、40℃以上である。
  5. 発火点は、100℃より低い。
  1. 灯油は2石非水溶性×
  2. 四類の蒸気は空気より重い×
  3. 自然発火するのは動植物油類のみ×
  4. 二石の引火点は21℃~70℃。灯油の引火点は40℃○
  5. 四類で発火点が100℃以下なのは二硫化炭素のみ。灯油の発火点は225℃と低い×

第3石油類について、正しいものはどれか。

  1. 1気圧において0℃のとき液状であり、かつ引火点が70℃以上200℃未満のものである。
  2. 比重は、重油以外は水より軽い。
  3. 水溶性液体の指定数量は2,000L、非水溶性液体の指定数量は4,000Lである。
  4. 水溶性のものには、重油やエチレングリコールがある。
  5. 非水溶性のものには、クレオソート油やアリニンがある。
  1. 四類危険物は、一気圧常温(20℃)のとき液状×
  2. 3石の比重は、重油以外は水より重い×
  3. 水溶性液体の指定数量は4,000L、非水溶性液体の指定数量は2,000L×
  4. 重油やエチレングリコールとエチレングレコールは、非水溶性×
  5. クレオソート油とアニリンは3石非水溶性○

動植物油類について、誤っているものはどれか。

  1. 乾性油はぼろ布に染み込ませて放置すると自然発火の可能性がある。
  2. よう素価が大きいほど危険性が高い。
  3. 燃焼時の液温が高いので注水による消火が効果的である。
  4. 水に溶けない。
  5. 指定数量は10,000Lである。
  1. 空気に触れると、酸化熱が蓄積して、自然発火を起こす危険性がある○
  2. ヨウ素値が高い乾性油は乾燥度が高く自然発火しやすい○
  3. 四類の消火に水冷却消火は×
  4. 動物性植物油は、非水溶性○
  5. 指定数量は1000ℓ○

動植物油類に限らず、第四類危険物は水消火は×
第四類危険物の多くは水より軽く、水に溶けない。
水によって燃焼面が広がり火災を広げる

軽油の説明について、誤っているものはどれか。

  1. 指定数量は1,000Lである。
  2. 引火点は40℃以上である。
  3. 水に溶けない。
  4. 霧状になると引火しやすい。
  5. 液比重は水より小さい。
  1. 二石の指定数量は1000○
  2. 軽油の引火点は45℃以上×消去法できないと難しい
  3. 軽油は第二石油類、非水溶性○
  4. 一般に、物質は霧状や粉状など、細かくすると空気に触れる面積が増え、燃焼しやすくなる○
  5. 四類は一般的に水より軽い○

危険物を容器またはタンクに収納する場合、可燃性蒸気の発生を抑制するため、液面に水を張って貯蔵する危険物はどれか。

  1. 酢酸エチル
  2. アセトアルデヒド
  3. 酸化プロピレン
  4. 二硫化炭素
  5. クレオソート油

二硫化炭素は、特殊引火物の中で唯一、水より重く、溶けない。
その性質を利用して、液面に水を張って貯蔵する>可燃性蒸気の発生を抑制。
四類の中で水中貯蔵するのは二硫化炭素のみ。
それ以外では、黄りん(第三類)も水中貯蔵する

危険物の判定試験における危険物とその危険性の組み合わせについて、誤っているものはどれか。

  1. 第1類-----酸化力の潜在的な危険性、衝撃に対する敏感性
  2. 第2類-----火災による着火の危険性、引火の危険性
  3. 第3類-----空気中での発火の危険性、水と接触して発火または可燃性ガスを発生する危険性
  4. 第5類-----引火の危険性
  5. 第6類-----酸化力の潜在的な危険性
  1. 第1類 酸化性固体 不燃性
  2. 第2類 可燃性固体
  3. 第3類 自然発火性・禁水性物質
  4. 第4類 引火性液体
  5. 第5類 自己反応性物質
  6. 第6類 酸化性液体 不燃性

5類の自己反応性物質は、内部に酸素を含有しており、引火物なしで燃焼する×
引火性なのは、2類と四類のみ。
5(ご)類は、自己(こ)反応性物質と覚えよう

第4類の危険物の取り扱いについて、正しいものはどれか。

  1. 換気のため、室内の高所に吸気口、低所に排気口を設けた。
  2. 空の容器を集めて焼却した。
  3. タンク内の液温が上がらないよう、冷却のための装置を設けた。
  4. 容器のふたを外して保管した。
  5. 容器に通気させるための穴をあけた。
  1. 第四類危険物の可燃性蒸気は全て空気より重く、低所に滞留しやすい
    低所に排気口を設置すると、可燃性蒸気が外に逃げて周りが危険になる。
    室内の低所に吸気口、高所に排気口を設けること×
  2. 蒸気が残っている場合があるので、空容器を集めての焼却は危険である。×
  3. タンク内の液温が過度に上がらないよう、冷却するべき○
  4. 四類収納容器は可燃性蒸気が外部に漏れないように密閉する×
  5. 四類収納容器は可燃性蒸気が外部に漏れないように密閉する×

次の危険物のうち、発火点の最も低いものはどれか。

  1. 二硫化炭素
  2. ジエチルエーテル
  3. 軽油
  4. ガソリン
  5. トルエン
  1. 第四類で、発火点が100℃以下なのは二硫化炭素のみ(90℃)○
  2. ジエチルエーテル(160℃特殊引火物)×
  3. 軽油(250℃第二石油類)×
  4. ガソリン(300℃第一石油類)×
  5. トルエン(480℃第一石油類)×

自動車ガソリンの一般的性質について、誤っているものはどれか。

  1. オレンジ系の色に着色されている。
  2. 引火点は-40℃以下である。
  3. 燃焼範囲は、2.5~12.8vol%である。
  4. 流動により帯電しやすい。
  5. 蒸気は空気よりも重い。
  1. 本来無色だが、自動車ガソリンのみオレンジに着色される○
  2. 引火点は特殊引火物に並ぶ-40℃で、とても引火しやすい○
  3. ガソリンの燃焼範囲は、約1~8vol%× 燃焼範囲(爆発範囲)=可燃性蒸気が引火する、空気中の可燃性蒸気含有率
  4. 流動により帯電しやすい。ガソリンの一般的特徴○
  5. 四類の蒸気は空気より重い○

アルコール類の共通する性質について、正しいものはどれか。

  1. 引火点は25℃以下である。
  2. 無色透明のものは少ない。
  3. 比重は水より重い。
  4. 蒸気比重は空気より軽い。
  5. 指定数量は200Lである。
  1. 引火点は10度以下くらい○
  2. 四類は重油以外無色×
  3. 四類はおおよそ水より軽い×
  4. 四類は空気より重い×
  5. 指定数量は400

キシレンの性状について、誤っているものはどれか。

  1. 無色の液体である。
  2. 特有の臭気がある。
  3. 蒸気は空気より軽い。
  4. 3つの異性体が存在する。
  5. 二硫化炭素によく溶ける。
  1. 四類は重油以外無色○
  2. 四類は二硫化炭素以外、臭いがある○
  3. 四類の蒸気は空気より重い×
  4. オルト、メタ、パラの三種類の異性体○
  5. 四類は有機媒体に溶ける○

キシレン=第二石油類 非水溶性 指定数量1000ℓ
ガソリンなど1石と名前を混同されやすい

重油の一般的な性質等について、誤っているものはどれか。

  1. 発火点は、100℃より高い。
  2. 3種(C重油)の引火点は、70℃以上である。
  3. 水に溶けない。
  4. 水より重い。
  5. 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類されている。
  1. 四類の発火点は二硫化炭素以外100度以上○
  2. 3種(C重油)の引火点は、70℃以上○
  3. 重油(3石非水溶)水に溶けない○
  4. 3石は重油以外水より重い。×
  5. 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類○

第4石油類について、正しいものはどれか。

  1. 揮発性が高いので蒸気が引火しやすい。
  2. 主に燃料として使用されている。
  3. 粘度が高いが水に溶ける。
  4. 第3石油類より引火点が低い。
  5. 窒息効果のある消火方法が有効である。
  1. 引火点、沸点ともに高く揮発性(蒸気になりやすさ)は低い×
  2. 4石は、潤滑油。燃料として利用されるのは一石のガソリンなど×
  3. 4石は粘土が高く、粘り気が大きい。全て非水溶性×
  4. 引火点は危険等級に比例する。そのため4石の引火点は高く、引火しづらくなる×
  5. 第四類の火災には、全て窒息効果の消火方法が有効○

動植物油類の性質について、正しいものはどれか。

  1. 水に溶けず、水よりやや重い。
  2. 乾きにくい油ほど自然発火の危険性が高い。
  3. アマニ油とイワシ油は、不乾性油である。
  4. ヤシ油とヒマシ油は、半乾性油である。
  5. 指定数量は10,000Lである。
  1. 動植物油類は非水溶性。しかし四類は例外を除けば水より軽い。動植物油類に比重が1以上のものはない×
  2. 乾きにくい=湿気があるため、自然発火しにくい×
  3. アマニ油とイワシ油は乾性油。ヨウ素値が高く乾燥しやすく自然発火しやすい×
  4. ヤシ油とヒマシ油は、不乾性油。乾きにくいため、自然発火のしにくい×
  5. 動植物油類の指定数量は、10,000L。四類の中でもっとも高く、危険性は低い○

第4類の危険物と適応消火剤等との組合せとして、正しいものはどれか。

  1. 水溶性液体用泡消火剤が適するもの-----アセトン、エチルメチルケトン
  2. 水による冷却が適するもの-----ガソリン、アセトン
  3. 二酸化炭素では効果がないもの-----ジエチルエーテル、ピリジン
  4. 棒状の水で消火できるもの-----ベンゼン、ジェット燃料油
  5. 霧状の強化液では効果がないもの-----アセトアルデヒド、エタノール
  1. 水溶性危険物の火災には、水溶性液体用泡消火剤が有効。アセトン=一石水溶、エチルメチルケトン特殊水溶○
  2. 四類の火災には、水(棒状・霧状)による冷却消火は不可×
  3. 二酸化炭素による窒息消火は、四類火災に全て有効×
  4. 四類の火災には、水(棒状・霧状)による冷却消火は不可×
  5. 霧状の強化液による窒息、冷却消火は、四類火災に有効×

第1類から第6類の危険物について、次のうち誤っているものはどれか。

  1. 内部(自己)燃焼するものがある。
  2. 空気や水と反応して、引火性の蒸気を発するものがある。
  3. 気体の危険物もある。
  4. 燃焼性のない危険物もある。
  5. 酸素を放出する危険物もある。
  1. 第五類 自己反応性物質
  2. 第三類 自然発火性・禁水性物質 空気や水に触れると自然に発火したり、可燃性ガスを発生する
  3. 気体で危険物に指定されているものはない。×
  4. 第一類・第6類は不燃性
  5. 第一類・第6類は酸化性

第4類の危険物の一般的な性状について、誤っているものはどれか。

  1. 水に溶けないものが多い。
  2. 引火点の低いものほど、引火の危険性が大きい。
  3. 一般に、電気の不導体であり、静電気が蓄積されやすい。
  4. 蒸気比重は1より小さいので、可燃性蒸気は拡散しやすい。
  5. いずれも常温(20℃)で液体であるが、10℃のとき、固体のものが存在する。
  1. 四類の一般的特徴
  2. 四類の一般的特徴
  3. 四類の一般的特徴
  4. 四類の蒸気比重は1より大きいので、可燃性蒸気は低所に滞留しやすい。×
  5. 酢酸(2石水溶)は融点が16度なので、10度のとき固体

第1石油類の危険物を室内で取り扱う場合、火災を予防するための方法として、誤っているものはどれか。

  1. 危険物を取り扱う設備や配管のフランジなどから、危険物のにじみがないか確認する。
  2. 危険物を取り扱う設備の周囲に溝を設け、流出した危険物を安全な位置に設置された処理槽まで導くなどの対策を行う。
  3. 危険物を露出して取り扱う場合にのみ、静電気の蓄積防止や電気設備の防爆などの対策を行う。
  4. 危険物の蒸気を排出する設備の吸気口の位置は、床面近くとし、排気口は屋外の高所とする。
  5. 危険物が塗布されたものを乾燥する場合は、蒸気や温水を利用した温風乾燥機を使用する。
  1. 危険物を取り扱う場合には、常に、静電気の蓄積防止や電気設備の防爆などの対策を行う。×
  2. 第四類危険物の蒸気は低所に滞留するため、吸気口の位置は低所、排気口は高所○

火災に際し、水溶性液体用泡消火剤の使用が適切である危険物の組合せで、正しいものはどれか。

  1. ジエチルエーテル ガソリン
  2. ベンゼン アセトアルデヒド
  3. ベンゼン メタノール
  4. アセトン メタノール
  5. 酢酸エチル 軽油

水溶性液体用泡消火剤は水溶性危険物に有効
よって水溶性の危険物を、二つを選ぶという問題である

一般的に第四類危険物は水に溶けないという特徴があるので、ほとんど非水溶性である
水溶性は最初にアがつくアセトン(第一石油類 水溶性)
次にアルコール類は水にとけるという性質があるので、メタノールを選ぶ アルコール類の名前は~ールという特徴がある。正解④

特殊引火物は二硫化炭素以外水に溶ける性質を持つ。
そのためジエチルエーテルは水溶性。(わずかな水溶性) 酢酸エチルは第一石油類で、これもわずかな水溶性をもつ。
マイナーなので、これが出題されてしまうとお手上げである

ガソリンの性質について、正しいものはどれか。

  1. 無機化合物である。
  2. 電気を通しやすい。
  3. 引火点以下では蒸気は発生しない。
  4. 種々の炭化水素の混合物である。
  5. 燃焼範囲は、1.9~36.0vol%と非常に広い。
  1. 四類は全て有機化合物かその混合物質×
  2. 四類は電気を通しにくく、静電気が蓄積しやすい性質を持つ。×
  3. 引火点=可燃性液体が空気中で引火するのに、必要な濃度の蒸気の液面上に発生するときの最低の液温
    ガソリンに限らず、引火点よりも低い温度でも可燃性蒸気は発生するが、燃焼範囲に入る濃度ではない×
  4. ガソリンの固有の特徴として、種々の炭化水素の混合物
  5. ガソリンの燃焼範囲は約1~8vol%×

酢酸の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 腐食性があり皮膚を火傷させる。
  2. 蒸気は空気より軽い。
  3. 水やエタノール、ジエチルエーテル、ベンゼンなどに良く溶ける。
  4. 酢のような刺激臭がある。
  5. エタノールと反応して酢酸エステルを生成する。
  1. 酸類の共通の特徴○
  2. 第四類危険物から発生する蒸気は全て空気より重い。×
  3. 酢酸は二石油、水溶性。四類は一部を除き有機溶媒に溶ける○
  4. 四類で無臭なのは二硫化炭素くらい○
  5. 酢酸固有の特徴○

第4石油類の共通する性質について、正しいものはどれか。

  1. 引火点は70℃以上で200℃未満である。
  2. 一般に水に溶けやすい。
  3. 一般に粘り気が小さい。
  4. 一般に蒸発性が高く、引火しやすい。
  5. 指定数量は6,000Lである。
  1. 4石の引火点は200℃~250℃×
    3石が70~200
  2. 4石は全て非水溶性×
  3. 4石は全て粘り気が大きい×
  4. 4石は揮発性が低く、常温で蒸気が発生しにくい×
  5. 4石の指定数量は6,000L○

動植物油類の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 引火点が250℃未満の動植物から抽出した油類である。
  2. ヨウ素価という値によって危険性が異なる。
  3. 比重が水より小さく水に溶けない。
  4. 常温での引火性は低い。
  5. 消火には散水が最も効果的である。
  1. 動植物油類の固有の特徴○
  2. ヨウ素価が高いほど乾燥しやすく、自然発火しやすい○
  3. 四類は水に浮かぶ+動植物油類はすべて水に溶けない○
  4. 動植物油類は引火点が250度以上なので、常温での引火性は低い。○
  5. 第四類危険物の火災に、水による冷却消火(棒状・霧状噴射)、と強化液(棒状噴射)消火は厳禁×

二硫化炭素、アセトアルデヒド、ジエチルエーテルの性質について、誤っているものはどれか。

  1. すべて蒸気比重が空気より大きい。
  2. すべて発火点が100℃以下である。
  3. すべて引火点が0℃以下である。
  4. すべて燃焼範囲が特に広い。
  5. すべて指定数量が50Lである。
  1. 四類の蒸気は空気より重い○
  2. 四類で発火点が100℃以下なのは二硫化炭素のみ×
  3. 特殊引火物の引火点は-30℃以下○
  4. 危険等級Ⅰの最上位危険物なので、燃焼範囲が広い○
  5. 特殊引火物の指定数量は50○

次の危険物のうち、両方とも水に溶けない組合せはどれか。

  1. 二硫化炭素、ピリジン
  2. クレオソート油、アセトン
  3. エチレングリコール、アニリン
  4. 酸化プロピレン、メタノール
  5. トルエン、軽油
  1. 二硫化炭素=特殊引火物・非水溶性、ピリジン=第一石油類・水溶性×
  2. クレオソート油=3石・非水溶、アセトン=1石・水溶性×
  3. エチレングリコール=3石・水溶性)、アニリン3石・非水溶性×
  4. 酸化プロピレン=特殊引火物・水溶性、メタノール=アルコール類なので水溶性○
  5. トルエン=非水溶性、軽油=非水溶性

危険物の類ごとの一般的性質について、正しいものはどれか。

  1. 第1類の危険物は、いずれも酸素を含有しているため、加熱すると単独でも爆発的に燃焼する。
  2. 第2類の危険物は、いずれも固体の無機物質で、比重は1より大きく、水に溶けない。
  3. 第3類の危険物は、いずれも自然発火性または禁水性の危険性を有しており、多くは両方の危険性を有する。
  4. 第5類の危険物は、いずれも可燃性の固体で、加熱、衝撃、摩擦等により発火爆発する。
  5. 第6類の危険物は、いずれも酸化性の固体で、分解して可燃物を酸化する。
  1. 酸化性の固体で、加熱、衝撃、摩擦等により多量の酸素を放出して可燃物の燃焼を助ける。×
  2. 可燃性の固体で、比重は1より大きく、水に溶けない。×
  3. 自然発火性または禁水性の危険性を有しており、多くは両方の危険性を有する。○
  4. 固体または液体の自己反応性物質で、加熱すると単独でも爆発的に燃焼する。×
  5. 酸化性の液体で、分解して可燃物を酸化する。×

第4類危険物の特性について、誤っているものはどれか。

  1. 電気の不良導体であり、静電気を蓄積しやすい。
  2. 蒸気が空気より軽いものが多く、高所に滞留しやすい。
  3. 水より軽いものが多く、水面に浮遊しやすい。
  4. 引火性があるため、火気により引火、爆発しやすい。
  5. 流動性があるため、火災が拡大しやすい。
  1. 四類から発生する可燃性蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい。×

ベンゼンやトルエンの火災に使用する消火器として、適切でないものはどれか。

  1. 消火粉末を放射する消火器
  2. 棒状の強化液を放射する消火器
  3. 泡を放射する消火器
  4. 二酸化炭素を放射する消火器
  5. 霧状の強化液を放射する消火器
  1. ベンゼンとトルエンは第一石油類非水溶性。
    水による冷却消火と、棒状の強化液を放射する消火器は、第4類の危険物全てに適さない。×

次のA~Dに掲げる危険物の性質等のすべてに該当する危険物はどれか。

  1. 引火点は0℃以下で、燃焼範囲が広い。
  2. 発火点が90℃と低く、高温体との接触によって容易に発火する。
  3. 水にはほとんど溶けない。
  4. 水より重い。
  1. ジエチルエーテル
  2. 二硫化炭素
  3. アセトアルデヒド
  4. 酸化プロピレン
  5. トルエン
  1. 特殊引火物の特徴。二硫化炭素は引火点は-30℃以下で、燃焼範囲が1.0~50.0と広い。
  2. 発火点が100℃以下(90℃)は、二硫化炭素のみ
  3. 特殊引火物で二硫化のみ非水溶性。
  4. 比重は四類でもっとも重い1.26。

アクリル酸の性質について、正しいものはどれか。

  1. 無臭の黄色の液体である。
  2. 重合しやすく、重合熱が大きいので発火・爆発のおそれがある。
  3. 液体は素手で触れても安全であり、蒸気も無毒である。
  4. 酸化性物質と接触しても、発火・爆発のおそれはない。
  5. 水やエーテルには溶けない。
  1. 四類は重油以外無色。二硫化炭素以外臭いがある×
  2. アクリル酸の特徴=重合しやすく、重合熱が大きいので発火・爆発のおそれがある。○
  3. 酸類の特徴=腐食性があり、素手で触れると火傷を起こし、蒸気を吸引すると粘膜に炎症を起こす。×
  4. 四類(引火性液体)の特徴=酸化性物質と接触すると、発火・爆発のおそれがある。×
  5. アクリル酸は第二石油類水溶性。四類は一部を除き有機溶媒(エーテルなど)に溶ける。×

灯油の取扱いの注意事項として、正しいものはどれか。

  1. 水分が混合しないように、乾燥した室内で保管する。
  2. 保管容器は密閉してはならない。
  3. 蒸気は低所に滞留しやすい。
  4. ガソリンと混合しても危険性は変わらない。
  5. 静電気の蓄積を防止するため、定期的にかき混ぜる。
  1. 静電気対策で、室内は乾燥しないようにする。×
  2. 危険物の一般的な取り扱い×
  3. 四類の蒸気は空気より重く、低所に滞留する○
  4. 灯油はガソリンが混合すると引火しやすくなる。×
  5. 静電気対策で、静電気の蓄積を防止するため、かきまぜないようにする。×

次の文の下線部分のうち、誤っている箇所はどれか。

「C重油は、(A)褐色または暗褐色の液体で、(B)引火点は70℃以上と高く、(C)常温(20℃)で取り扱えば引火の危険は少ないが、いったん燃え始めると(D)液温が高くなっているので消火が困難な場合がある。大量に燃えている火災の消火には、(E)棒状注水が適する。」
  1. (A)
  2. (B)
  3. (C)
  4. (D)
  5. (E)
  1. 重油は四類の中で唯一、無色透明ではない(褐色)という特徴を持つ○
  2. 第三石油の引火点は70度以上くらい○
  3. 常温で引火の可能性があるのは、アルコール類から○
  4. 第三石油は引火点が低いため、燃焼時には高温になっている○
  5. 四類の火災に棒状注水は駄目×

動植物油類は、よう素価によって乾性油、半乾性油、不乾性油に分類されるが、乾性油だけの組み合わせはどれか。

  1. アマニ油、大豆油
  2. ナタネ油、ヤシ油
  3. ヒマワリ油、エノ油
  4. パーム油、オリーブ油
  5. ヒマシ油、米ぬか油
  1. アマニ油(乾性油)、大豆油(半乾性油)×
  2. ナタネ油(半乾性油)、ヤシ油(不乾性油)×
  3. ヒマワリ油(乾性油)、エノ油(乾性油)○
  4. パーム油(不乾性油)、オリーブ油(不乾性油)×
  5. ヒマシ油(不乾性油)、米ぬか油(半乾性油)×

次のうち、常温(20℃)で引火の危険性がある物質はいくつあるか。

物質:ガソリン、アマニ油、二硫化炭素、シリンダー油、メタノール
  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. 5つ

アルコール類から全て常温で引火する可能性がある

  • ガソリン=第一石油=引火点-40℃○
  • アマニ油=動植物油類=引火点222℃×
  • 二硫化炭素=特殊引火物=引火点-30℃○
  • シリンダー油=第四石油類=引火点250℃×
  • メタノール=アルコール類=引火点11℃○

次の事故が起きた可能性が最も高い危険物Aはどれか。

「危険物Aを金属製容器から金属製ロートを使用してプラスチック容器(10L)に詰め替え中、Aの流動により発生した静電気がスパークし、Aの蒸気に引火したため火災となり、行為者が火傷を負った。」
  1. 軽油
  2. 灯油
  3. 重油
  4. ガソリン
  5. ギヤー油

未知の問題だが、危険等級が一番高い(もっとも危険)やつを選べば正解となる。ガソリンの取り扱いでよくある説明でもある

  1. 軽油の引火点は45℃以上
  2. 灯油の引火点は40℃以上
  3. 重油の引火点は60℃~150℃であり、加熱しなければ引火の危険性は少ない。×
  4. ガソリンの引火点は-40℃以下と低く、引火しやすい。
  5. ギヤー油の引火点は220℃であり、加熱しなければ引火の危険性は少ない。×

危険物の性質について、[  ]内に当てはまる物質はどれか。

「[  ]は酸化性の強い物質で、分子中に酸素を含有しており、過熱、衝撃、摩擦等により分解し、酸素を放出しやすい物体である。」
  1. 第1類の危険物
  2. 第2類の危険物
  3. 第3類の危険物
  4. 第5類の危険物
  5. 第6類の危険物
[第1類の危険物]は酸化性の強い物質で、分子中に酸素を含有しており、過熱、衝撃、摩擦等により分解し、酸素を放出しやすい物体である。
六類も酸化性液体だが、正解ではないらしい

第4類の危険物の取り扱いについて、誤っているものはどれか。

  1. 蒸気が引火性を持つため、外部に漏れないよう換気を行わなかった。
  2. 引火しないように、火器の使用を控えた。
  3. 空き缶であっても、残存する蒸気があると考えられるので注意して取り扱った。
  4. 密閉できる容器で保存した。
  5. 静電気が発生しないように、注入はゆっくりと行った。
  1. 四類の蒸気は低所に停滞する。室内の低所に吸気口、高所に排気口を設け、換気を必ず行う。×

第4類の危険物の火災における消火効果等について、誤っているものはどれか。

  1. ガソリンの火災に、二酸化炭素消火器は効果がない。
  2. ベンゼンの火災に、リン酸塩類等の粉末消火器は効果がある。
  3. トルエンの火災に、ハロゲン化物消火器は効果がある。
  4. 灯油の火災に、棒状注水するのは効果がない。
  5. 重油の火災に、泡消火器は効果がある。
  1. 四類の火災に、二酸化炭素消火器(窒息消火)は、効果的×

アセトアルデヒドの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 無色透明の液体である。
  2. 引火点が非常に低く、引火、爆発の危険がある。
  3. 熱、光により分解し、メタン、一酸化炭素を発生する。
  4. 空気と接触し加圧すると、爆発性の過酸化物を生成することがある。
  5. 水、エタノールに溶けない。
  1. 四類は重油以外無色透明○
  2. 特殊引火物は引火点が低い○
  3. アセトアルデヒドの性質。難しい○
  4. アセトアルデヒドの性質。難しい○
  5. 特殊引火物は二硫化炭素以外水に溶ける。また四類は有機溶媒にほぼ溶ける×

アセトンの性質について、正しいものはどれか。

  1. 液比重は水より大きい。
  2. 蒸気比重は空気より小さい。
  3. 引火点は20℃である。
  4. 発火点は465℃である。
  5. 燃焼範囲は約1.6~13vol%である。
  1. 四類は水に浮かぶものが多い。0.79水より小さい。×
  2. 四類の蒸気比重は空気より大きい。×
  3. アセトンの引火点は-20℃である。引火点20は同じ第一石油のピリジン×
  4. アセトンの発火点は465℃である。○
  5. アセトンの燃焼範囲は約2.6~13vol%である。×

メタノールと2-プロパノールの性状について、誤っているものはどれか。

  1. 蒸気比重は、2-プロパノールのほうが大きい。
  2. 沸点は、2-プロパノールのほうが高い。
  3. 燃焼範囲は、メタノールの方が広い。
  4. 燃焼範囲の下限界は、メタノールの方が低い。
  5. 火災時には、ともに水溶性液体用泡消火剤が有効である。

超難問
①②③メタノールは蒸気が軽く(1.1)で燃焼範囲が広く(6.0~36vol%)、沸点が低い特徴がある(65℃) ○
⑤アルコール類は、全て水溶性で、水溶性液体用泡消火剤が有効○
消去法で④が誤り。
燃焼範囲の下限界は、2-プロパノール(2.0~12vol%)より、メタノール(6.0~36vol%)の方が高い。×

第3石油類の性質として、誤っているものはどれか。^@

  1. 水に溶けない特性を持つ。
  2. 引火点が70℃以上から200℃未満である。
  3. 常温(20℃)で液体である。
  4. 一度引火すると液温が高いため消火困難になる。
  5. 水より比重が小さい物質がある。
  1. 第3石油類の水溶性=グリセリン、エチレングリコール
  2. 第3石油類の性質
  3. 四類の特徴
  4. 第3石油類以下の特徴
  5. 第3石油類おおむね比重が一より大きいが、重油のみ水より比重が小さい。

ベンゼンとトルエンの性質について、誤っているものはどれか。

  1. いずれも水によく溶ける。
  2. 蒸気は共に有毒である。
  3. いずれも無色の液体で、水より軽い。
  4. いずれも芳香族炭化水素である。
  5. いずれも引火点は常温(20℃)より低い。
  1. ベンゼンとトルエンは、第一石油類非水溶性×
  2. 第四類危険物の一般的特徴
  3. 第一石油類は常温で引火する。したがって、引火点は常温よりひくい

第4類危険物の火災予防の方法について、有効なものはどれか。

  1. 室内の湿度を上げること。
  2. くずやかすは下水溝に廃棄すること。
  3. 蒸気が屋外に漏えいしないようにすること。
  4. 貯蔵容器は密閉せず冷所に保存すること。
  5. 液温を発火点以下に保つこと。
  1. 室内の湿度を上げることは、静電気の蓄積の防止となる。○
  2. くずやかすは、危険物の性質に応じて安全な場所で適当な処置をしなければならない。×
  3. 蒸気が滞留しないように、通風と換気をよくすること。×
  4. 貯蔵容器は密閉して冷所に保存すること。×
  5. 液温は引火点以下に保つこと。×

地中に埋設された配管(炭素鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。この腐食の原因として妥当でないものはどれか。

  1. 電気器具のアースをとるため地中に打ち込んだ銅の棒と配管が接触していた。
  2. 配管を通気性の異なった2種の土壌にまたがって埋設した。
  3. 配管を埋設した場所の近くの電気設備から直流の迷走電流が流れた。
  4. 配管の埋設に海砂を使用した。
  5. タールエポキシ樹脂を配管にコーティングした。
  1. 異なった金属との接触は、配管腐食の原因となる。×
  2. 通気差のある土壌は、配管腐食の原因となる。×
  3. 迷走電流の流れる土壌は、配管腐食の原因となる。×
  4. 塩分の多い土壌は、配管腐食の原因となる。×
  5. タールエポキシ樹脂を配管にコーティングすることは、配管の腐食を防止する。○

危険物の類ごとの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 第1類の危険物の溶解したものが木材や布に染み込むと、摩擦や衝撃により発火・爆発のおそれがある。
  2. 第2類の危険物と酸化剤の混合物は、衝撃により発火・爆発のおそれがある。
  3. 第3類の危険物は、空気または水と接触することにより発熱し、発火・爆発のおそれがある。
  4. 第5類の危険物は、自らは不燃性であるが、分解して酸素を放出する。
  5. 第6類の危険物は、酸化力が強い無機化合物の液体である。
  1. 不燃焼・酸化性固体
  2. 可燃性固体
  3. 自然発火性・禁水性物質
  4. 燃焼性・自己反応性物質。自ら酸素を含んでいて自己燃焼するものが多い。×
  5. 不燃焼・酸化性固体

第4類危険物の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 水に溶けるものがある。
  2. 水より重いものがある。
  3. 蒸気が空気より軽いものがある。
  4. 常温で固体のものもある。
  5. 自然発火するものがある。
  1. 第4類は、一般に非水溶性。しかしアセリン、アルコール類、アセトアルデヒドなど水溶性も存在○
  2. 第4類は、一般に水より軽い。二硫化炭素や第二石油類など水より重いものもある。○
  3. 第4類の蒸気は空気より重い。しかしシアン化水素(第1石油類)は蒸気密度0.93であり空気より軽い。
  4. 第4類危険物は、全て常温で液体。×
  5. 第4類で、動植物油類のみ自然発火する。○

第4類の危険物火災の消火について、最も効果的なものはどれか。

  1. 危険物を取り除く。
  2. 蒸気の発生を抑制する。
  3. 空気の供給を遮断するか、または燃焼反応を化学的に抑制する。
  4. 蒸気の濃度を低下させる。
  5. 液温を引火点以下にする。
  1. 第4類の危険物火災においては、空気の供給を遮断(窒息消火)か、燃焼反応を化学的に抑制(ハロゲン化物消化剤)

エタノールの火災に、泡消火剤(水溶性液体用のものを除く)が不適切な理由は、次のうちどれか。

  1. 泡が溶けてなくなるから。
  2. 泡が飛び散って被害があるから。
  3. 泡が燃えてしまうから。
  4. 泡が固まって広がらないから。
  5. 泡がエタノールより重いから。
  1. アルコール類(エタノール)は水溶性。泡が溶けて消え、窒息効果が失われる。○

自動車ガソリンの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 引火点は一般に-40℃以下である。
  2. 水より軽い。
  3. オレンジ系色に着色されている。
  4. 自然発火しやすい。
  5. 燃焼範囲は、おおむね1~8vol%である。
  1. ガソリンの引火点は-40℃以下で、四類の中では、エーテルに次いで低い○
  2. 四類はほとんど水より軽い○
  3. 本来は無色だが、自動車用ガソリンはオレンジに着色される○
  4. 自然発火するのは動植物油類×
  5. 燃焼範囲は、約1~8vol%○

アセトンの性質について、正しいものはどれか。

  1. 水に溶けない。
  2. アルコールやジエチルエーテルに溶ける。
  3. 褐色で特異臭がある。
  4. 蒸気は空気より軽い。
  5. 火災には泡消火剤が有効である。
  1. アセトンは、第一石油類水溶性。指定数量400l
  2. 第四類はほぼ有機溶媒に溶ける○
  3. 第四類は、無色透明で臭いがある×
  4. 第四類危険物の蒸気は、空気より重い。×
  5. アセトンは水溶性のため、泡消火剤×

灯油の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 水に溶けない。
  2. 布に染み込んだものは火がつきやすい。
  3. 水より軽い。
  4. 蒸気は空気より軽い。
  5. 引火点は40℃以上である。
  1. 灯油は第二石油類、非水溶性
  2. 第四類危険物の一般的特徴
  3. 第四類危険物の一般的特徴
  4. 第四類危険物の蒸気は、空気より重い。×
  5. 灯油の引火点は40度以上

酢酸の性質について、正しいものはどれか。

  1. 無色透明で無臭である。
  2. 水溶液は金属を強く腐食する。
  3. ベンゼンやエタノールには溶けないが水によく溶ける。
  4. 純度の高い酢酸は融点が常温(20℃)より高い。
  5. 蒸気が空気より軽いため拡散しやすい。
  1. 第四類は、重油以外無色で、二硫化炭素以外臭いがある
  2. 酢酸の水溶液は、金属を強く腐食する。○
  3. 酢酸は第2石油類、水溶性。第四類は有機溶媒にはほとんど解ける
  4. 純度の高い酢酸は、融点が常温(20℃)より低い。×
  5. 第四類危険物の蒸気は、空気より重い。×

重油の一般的な性状等について、誤っているものはどれか。

  1. 水より重い。
  2. 水に溶けない。
  3. 発火点は、100℃より高い。
  4. 日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類されている。
  5. 1種および2種重油の引火点は、60℃以上である。
  1. 第三石油類は重油以外水より重い×
  2. 重油は、第三石油類、非水溶性○
  3. 二硫化炭素以外、発火点は100℃より高い(重油250℃~380℃)○
  4. 重油は、日本工業規格では、1種(A重油)、2種(B重油)および3種(C重油)に分類されている○
  5. 第三石油類の引火点は、60℃以上○

危険物とその火災に適応する消火器との組合せとして、不適切なものはどれか。

  1. ガソリン-----消火粉末(リン酸塩類等)を放射する消火器
  2. 軽油-----二酸化炭素を放射する消火器
  3. エタノール-----棒状の強化液を放射する消火器
  4. ギヤ―油-----霧状の強化液を放射する消火器
  5. 重油-----泡を放射する消火器
  1. 第四類危険物の火災に、棒状の強化液を放射する消火×。

危険物の類ごとの共通する性質について、正しいものはどれか。

  1. 第1類の危険物は、強還元性の液体である。
  2. 第2類の危険物は、可燃性の固体である。
  3. 第3類の危険物は、水と反応しない不燃性の液体である。
  4. 第5類の危険物は、強酸化性の固体である。
  5. 第6類の危険物は、可燃性の液体である。
  1. 第1類=酸化性固体×
  2. 第2類=可燃性固体○
  3. 第3類=自然発火性・禁水性物質。固体と液体。空気や水に触れると自然に発火したり、可燃性ガスを発生する
  4. 第5類=自己反応性物質×
  5. 第6類=酸化性液体。不燃性×

第4類危険物の一般的な性質について、正しいものはどれか。

  1. 引火点を有しないものもある。
  2. 液体の比重は、1より大きいものが多い。
  3. 可燃性蒸気は、低所に滞留しない。
  4. 非水溶性のものは、電気の良導体であり、静電気が蓄積されにくい。
  5. 流動性が高く、火災になった場合に拡大するおそれがある。
  1. 第4類危険物は全て引火性液体で、引火点を有する。
  2. 第4類危険物の液体の比重は、1より小さいものが多い。
  3. 四類の蒸気比重が1より大きいので、可燃性蒸気は、低所に滞留しやすい。×
  4. 第4類危険物のうち非水溶性のものは、電気の不良導体であり、静電気が蓄積されやすい。
  5. 第4類危険物は流動性(液体の流れやすさ)が高く、火災になった場合に拡大する恐れ。○

静電気により引火するおそれのある危険物を取り扱う場合の火災予防対策として、正しいものの組合せはどれか。

  1. 危険物を取り扱う機器を接地する。
  2. 作業者は絶縁性の高い手袋や靴を着用する。
  3. 床への散水等により湿度を高める。
  4. 取り扱う危険物の流速を大きくして、短時間で作業を終わらせる。
  1. AとB
  2. AとC
  3. BとC
  4. BとD
  5. CとD
  1. 接地すると、静電気が蓄積しにくくなる。○
  2. 絶縁性の高い手袋や靴を着用すると、静電気が流出しづらくなり、静電気が蓄積しやすくなる。×
  3. 湿度を高めると、静電気が発生しにくくなる。○
  4. 流速を大きくすると、静電気が発生しやすくなる。×

第4類危険物の消火に水が用いられない理由として、正しいものはどれか。

  1. 水と反応すると熱を発生するため。
  2. 水と反応すると可燃性ガスを発生するため。
  3. 水は蒸発してしまいやすいため。
  4. 水により火面が拡大してしまうため。
  5. 水により地面にしみ込みやすくなるため。
  1. 第四類危険物は一般的に、水より軽く、水に溶けない性質を持つ。
    噴射する水によって燃焼面が広がり火災を広げてしまう

自動車ガソリンの性状等について、誤っているものはどれか。

  1. 水より軽い。
  2. 燃焼範囲は、おおむね1~8vol%である。
  3. 発火点は100℃より低い。
  4. 引火点は0℃より低い。
  5. オレンジ系色に着色されている。
  1. 第四類危険物は一般的に、水より軽い。特殊引火物~アルコール類の中で、水に沈むのは二硫化炭素のみ
  2. 燃焼範囲は、約1~8vol%
  3. 第四類危険物で発火点が100℃以下=二硫化炭素のみ。×
  4. ガソリンの引火点は-40℃以下℃
  5. 自動車ガソリンは無色だが、オレンジ系色に着色されている。

アセトンの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 無色透明の液体である。
  2. 特有の臭気がある。
  3. 引火点は常温(20℃)より低い。
  4. 水に不溶で水に浮く。
  5. アルコール、ジエチルエーテルに溶ける。
  1. 四類は、重油やクレオソート油など、一部を除き無色透明
  2. 四類は二硫化炭素を除き、臭いがある
  3. 第一石油類の引火点は常温より低い
  4. アセトンは、第一石油類、水溶性×
  5. 第四類危険物はほぼ有機溶媒に溶ける

灯油と軽油の共通する性質について、正しいものはどれか。

  1. どちらも水に溶けやすい。
  2. どちらも引火点が常温(20℃)より低い。
  3. どちらも蒸気が空気より軽い。
  4. どちらも発火点が100℃より高い。
  5. どちらも繊維にしみこんだり霧状になると引火性が低くなる。
  1. 灯油と軽油は、第二石油類非水溶性
  2. 引火点が常温(20℃)より低いのは、第一石油類から
  3. 第四類危険物はの蒸気は、空気より重い
  4. 第四類危険物は、二硫化炭素を除き、発火点が100℃より高い。○
  5. 危険物の常識。空気と触れる面積が増えると、引火性が高くなる。

ベンゼンの性質について、正しいものはどれか。

  1. 淡黄色の液体であり、特有の臭気がある。
  2. 水には溶けるが、有機溶剤には溶けない。
  3. 揮発性は低いが、蒸気は有毒である。
  4. 蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい。
  5. 引火点は11℃であり、発火点は498℃である。
  1. ベンゼンは無色透明の液体で、特有の臭気がある。×
  2. ベンゼン第一石油類、非水溶性。第四類危険物は一部以外、有機溶媒に溶ける
  3. 揮発性=蒸気になりやすさ。第一石油類は蒸気になりやすい。蒸気は有毒
  4. 第四類危険物の引火性蒸気は空気より重く、低所に滞留しやすい。○
  5. 引火点=-11℃。発火点=498℃×

ジエチルエーテルの性質について、誤っているものはどれか。

  1. 蒸気には麻酔性がある。
  2. 水より軽く、水にはわずかに溶ける。
  3. 蒸気は空気より重い。
  4. 水と混ざると、加熱や衝撃などにより爆発の危険がある。
  5. アルコールによく溶ける。
  1. ジエチルエーテルの特徴
  2. 特殊は二硫化炭素以外、水より軽く、水に溶ける
  3. 四類の蒸気は空気より重い
  4. 水と混ざると、爆発の可能性があるのは、第三類自然発火性・禁水性物質×
  5. 四類は有機溶媒にほぼ溶ける

動植物油類が布などに染み込んだ状態で自然発火する理由として、正しいものはどれか。

  1. 染み込んだ油が室温の影響で上昇するため。
  2. 引火点が室温に近いため。
  3. 発火点が室温に近いため。
  4. 染み込んだ油が空気中の酸素で酸化され熱が溜まるため。
  5. 布も油も可燃性の物質であるため。
  1. 動植物油類が染み込んだ油が、空気中の酸素で酸化され熱が溜まるため。

第4類の危険物の性質について、誤っているものはどれか。

  1. すべて可燃性であり、水に溶けないものが多い。
  2. 常温(20℃)で、ほとんどのものが液状である。
  3. 蒸気は、空気とわずかに混合しても燃焼するものが多い。
  4. 蒸気の比重は、1より小さいものが多い。
  5. 液体の比重は、1より小さいものが多い。
  1. 第4類の危険物の蒸気の比重は、1より大きい

次の文の[  ]内のA~Dに当てはまるものの組合せとして、正しいものはどれか。

「第4類の危険物の貯蔵および取扱いにあたっては、炎、火花または[ A ]との接近を避けるとともに、発生した蒸気を屋外の[ B ]に排出するか、または[ C ]を良くして蒸気の拡散を図る。 また、容器に収納する場合は、[ D ]危険物を詰め、蒸気が漏えいしないように密栓をする。」
  1. A=可燃物 B=低所 C=通風 D=一杯に
  2. A=可燃物 B=低所 C=通風 D=若干の空間を残して
  3. A=水分 B=高所 C=冷暖房 D=若干の空間を残して
  4. A=高温体 B=高所 C=通風 D=若干の空間を残して
  5. A=高温体 B=低所 C=冷暖房 D=一杯に
第4類の危険物の貯蔵および取扱いにあたっては、炎、火花または高温体との接近を避けるとともに、発生した蒸気を屋外の高所に排出するか、または通風を良くして蒸気の拡散を図る。 また、容器に収納する場合は、若干の空間を残して危険物を詰め、蒸気が漏えいしないように密栓をする。

アルコール類やケトン類などの水溶性の可燃性液体の火災に用いる泡消火剤は、水溶性液体用泡消火剤とされている。その主な理由として適切なものはどれか。

  1. 他の泡消火剤に比べ、水溶性が高いから
  2. 他の泡消火剤に比べ、耐火性に優れているから
  3. 他の泡消火剤に比べ、消火剤が可燃性液体に溶け込み引火点が低くなるから
  4. 他の泡消火剤に比べ、泡が溶解したり、破壊されることがないから
  5. 他の泡消火剤に比べ、可燃性液体への親和力が極めて強いから
  1. 泡消化剤は、水溶性液体に用いると、泡が溶けて消え、窒息消火できない。水溶性液体用泡消火剤はその逆○

次のうち、水に溶けるものだけの組み合わせはどれか。

  1. ベンゼン、エタノール、二硫化炭素
  2. アセトアルデヒド、ガソリン、ベンゼン
  3. エチレングリコール、二硫化炭素、グリセリン
  4. アセトアルデヒド、エタノール、グリセリン
  5. ガソリン、エチレングリコール、エタノール
  1. ベンゼン=非水、エタノール=水溶、二硫化炭素=非水×
  2. アセトアルデヒド=水溶、ガソリン=非水、ベンゼン=非水×
  3. エチレングリコール=水溶、二硫化炭素=非水、グリセリン=水溶×
  4. アセトアルデヒド=水溶、エタノール=水溶、グリセリン=水溶○
  5. ガソリン=非水、エチレングリコール=水溶、エタノール=水溶×

アクリル酸の貯蔵、取扱いについて、誤っているものはどれか。

  1. 融点がおよそ14℃と高いことを利用して、通常、凍結させて保管する。
  2. 容器は密閉し、換気のよい場所に保管する。
  3. 容器は、ガラス、ステンレス鋼、アルミニウムまたはポリエチレンのものを用いる。
  4. 皮膚に接触すると、火傷を起こすおそれがあるため、取り扱う際には保護具を着用する。
  5. 熱、光、過酸化物、鉄さびなどにより重合が加速されるので、重合防止剤等を加えて貯蔵する。
アクリル酸は、14℃以下になると凝固するが、凝固すると局所的に安定剤の枯渇をもたらすため、解凍する際には注意が必要となる。
一般的名保管方法。アクリル酸は第二石油類水溶性
一般的名保管方法
一般的名保管方法
アクリル酸は重合しやすく発火・爆発の恐れあり

自動車ガソリンの一般的性質について、誤っているものはどれか。

  1. オレンジ色に着色されている。
  2. 発火点は約300℃である。
  3. 引火点は-40℃以下である。
  4. 揮発性が高く、蒸気と空気の混合割合が1:9で容易に引火する。
  5. 第1類の危険物と接触すると発火する危険がある。
  1. ガソリンは無色だが、自動車ガソリンは着色される○
  2. 発火点は約300℃○
  3. 引火点はエーテルに次いで低い○
  4. ガソリンの燃焼範囲は約1~8vol%。蒸気と空気の混合割合が1:9(10%)の場合、濃度が濃すぎて引火しない×
  5. 第一類は酸化性固体。引火性物質と化合すると爆発的に燃焼する○

重油について、誤っているものはどれか。

  1. A重油、B重油、C重油に分かれており、さらに細分化されている。
  2. 水より比重が大きく水に沈むため重油と呼ばれる。
  3. 引火点は重油の種類によって異なる。
  4. 主な成分は炭化水素だが硫黄などが含まれている。
  5. 火災時には散水は不向きである。
  1. A重油、B重油、C重油に分かれており、さらに細分化されている○
  2. 重油は、第4石油類で唯一、水より軽い×
  3. 引火点は重油の種類によって異なる○
  4. 主な成分は炭化水素だが硫黄などが含まれている○
  5. 四類の消火に水による冷却消火は可燃性液体が飛散して燃焼面が拡大してしまう○

軽油の性質について、誤っているものはどれか。

  1. 水より軽く、水に不溶である。
  2. 沸点は、水より高い。
  3. ディーゼル機関の燃料に用いられる。
  4. 引火点は、40℃以下である。
  5. 酸化剤と混合すると、発火・爆発のおそれがある。
  1. 軽油=第二石油、非水○
  2. 第二石油類の沸点は全て水より高い。軽油の沸点170~370度○
  3. 軽油は、ディーゼル機関の燃料に用いられる。○
  4. 軽油の引火点は、45℃以上。消去法しなきゃ無理×
  5. 第四類危険物は、1、6類の酸化性物質と混合すると、爆発的に燃焼する○

次の危険物のうち、淡く透明に近い炎を出して燃焼するものはどれか。

  1. メタノール
  2. 軽油
  3. ベンゼン
  4. 灯油
  5. トルエン
メタノールは、燃焼しても炎の色が淡いため認識しにくい。

動植物油類が布などに染み込んだ状態で自然発火する理由として、正しいものはどれか。

  1. 染み込んだ油が室温の影響で上昇するため。
  2. 引火点が室温に近いため。
  3. 発火点が室温に近いため。
  4. 染み込んだ油が空気中の酸素で酸化され熱が溜まるため。
  5. 布も油も可燃性の物質であるため。
  1. 動植物油類が染み込んだ油が、空気中の酸素で酸化され熱が溜まり、発火点に達すると自然発火する。○