NEETLIFE ニートの履歴書

もともと私は無気力で内向的な人間で、高校で浮いてしまい孤立。友達ができず、クラスメイトから隠れ便所飯を食らう日々を送った。高校はありふれた内容だが、私は常にびくびくしており、スクールカーストや高校デビュー勢にひたすらおびえていた。

なんとか出席日数ギリギリで高校を卒業するも、高校生活ひいては社会生活がトラウマになり、進学も求職もせずに引きこもる生活をつづけた。いまでも単位を落とす悪夢を見て、憔悴して目覚めることが時々ある。

社会復帰への希望や焦りはあって、22才の時、社会復帰のためにコンビニアルバイトに挑戦するが、元ヤン店長さんざん怒鳴りののしられ、一日で挫折。それがまたトラウマになり、余計に求職を恐れるようになる。

アフィリエイトに挑戦するが、アドセンスもはらずどうせ儲からないと挫折する。内容は趣味のゲームとネットで、ありふれた内容だが気長に続けてれば収益につながったのにもったいない。

30才の時、働くか家を出ていくか親に脅され、しぶしぶwebデザインの職業訓練校に申し込むが、近所のアルバイトに合格したので、そっちに通うといい、訓練校を辞退した。場所が遠くていくのが面倒だったためである。webデザインは倍率が高いからどうせ就職できないというもっともな理由があるが、ちゃんと卒業できればIT系の派遣につけたのにもったいない。

無能の私はコンビニのバイトを半年で首になる。カス扱いされて、ずっと店内の掃除をしていた。

デパートの清掃パートにつく。最低自給で早朝しごとをするというもので、条件はあまりよくない。周りの評価は悪く、時給も悪いので、スーパーのバイトを受かった後やめた。

スーパーの早朝品出しスタッフのパートにつく。時給は1300円で、家から近かったが、戦力外の扱いを受けて、シフトが自分だけ全然もらえない。二年半続ける。結局その後ニートがコンビニバイトに挑戦するメリットがあまりないと悟る

34才の時、このまま35歳になったら一生正社員になれないと危機感をもち、パートをやめ設備管理の職業訓練校に通う。同時にようやく普通免許も取得する

ビルメン四点セット資格を取得するが、就職活動の面接で15社ほど落ちる。その理由がスーツにスニーカーを履いていたから。スニーカーは単に革靴を買う金をケチったからである。

結局誰でもウェルカムの施工管理の派遣会社に内定する。職業訓練も資格もすべて無駄になった

最初の夜勤の派遣先で、上下関係の厳しさと残業の多さでうつ病になり、精神障碍者手帳2級を申請する。初診は職業訓練校に通う前の同年6月

施工管理の派遣半年目で、基本給16万、そのほか手当てとみなし残業代30時間で、ようやく手取り20万円に達する。年収は300万円でボーナス退職金はなし。仕事は雑用か力仕事で、スキルは身につかない。普通大事な仕事は、派遣にやらせない(仕事ができる人材なら別だが)。派遣先の現場は主に都内で、満員電車に揺られて片道一時間半かかる。現場は3Kだし、給料は安いし、スキルはなかなか身につかないし、離職率も高いのがなっとくできた。

ニートから頑張って卒業したのに、仕事がきつすぎてやめたい。うつ病はひどくなる一方だし、仕事は全然できるようにならない。でも金も転職先も年金もない。必死に貯金をためて資産運用で永久に仕事をやめるように努力中。

この年で我ながら見苦しいが、こんなひどい人生は何度でもやり直したい。毎日後悔ばかりで辛い。それでも毎日働かなきゃならないので、無理やりポジティブ思考で頑張っている。

アフィリエイト

アフィリエイトは実は10年ぐらい細々と気が向いたときにやっているが泣かず飛ばす。現在すごい頑張って月4000円ぐらいの収入があるが、レトロゲーム攻略記事のアドセンス収入だけなので、伸びしろがない。ほかにも株やお得情報のページを作ったが、まったくアクセスを稼げず、無駄な努力に終わっている