ニートHP 原付の初心者向け走り方

category
カテゴリ
Last Update

大きな道路を走行するときの注意

原付は法定最高速度が30kmと低い
そのため大きな道路を走行するのは逆に危険である

大きな道路は最高速度が50kmに設定されており、実際は四輪車は60kmで走行している
そのため30kmしか出せない原付は、高速で走る四輪車の追い越しにおびえなければならないし
四輪車のドライバーにとっても、遅い原付は邪魔である
原付も30km制限を設けず、道路上の最高速度に順ずるべきだが、道路交通法の改正はおこなわれそうにない。

一般的な原付ドライバーは、大きな道路で四輪車とともに50km、60km出している
本当は違法行為なのだが、スピードを出したほうが安全だし、周りの迷惑にならないからである
ただし交通量が多い道路では、交通警察官が監視している場合があり、常に違反切符をとられるリスクがある

道路交通法を破りたくない、スピード出すのが怖い場合
30kmの遅い速度で、道路左側ぴったりによって走行するのが安全である
右バックミラーを見ながら、四輪車にどんどん追い抜いてもらうほうが、一番危険が少ない
こののろのろ運転が原付の模範的な運転である
道や運転に慣れない場合は、このぴったり左側によってのろのろ運転したほうが良い。
安全だし、道の間違いに対応しやすい。
スマホのカーナビを見たい場合や、交差点をどう進行すべきかわからない場合でも、
歩道に入って、エンジンを切るだけで対応できる
ほかの車両がスピードを出していると、どうしてもスピードを出さなければとあせる気持ちになるが、
なれないうちは自制すべきだろう

この場合、左側再度ミラーを取り外しておくと、車幅が狭くなり、ぴったり左側によれるので、より接触するリスクは小さくなる

狭い道を走行しよう

原付は狭い道のほうが走行に適している
最高速度30kmがハンディにならないし、車幅が狭いので、通りやすい。
また信号がないため、スムーズに進行できる

googleマップの走行ルートは徒歩のものが適している
原付なら、階段以外の場所は大体通れる

50ccの原付の左側バックミラーを取り外す

50CCの原付の左側バックミラーを取り外すのは違法にはならない

別添83 二輪自動車等の後写鏡及び後写鏡取付装置の技術基準
http://www.mlit.go.jp/common/000190499.pdf
最高速度が50km/h以下の二輪自動車、側車付二輪自動車及び三輪自動車にあっては、自動車の右側に1個の後写鏡を備えればよい。

私も道路を時間外通行してしまい、呼び止められたとき、車両と免許証を調べられた
しかし左ミラーがないことはまったくお咎めがなかった
神奈川県では道路交通法違反にはならないか、グレーゾーンで摘発できないかどちらかだろう

原付の左側ミラーはあまり使わない
取り外しておくと、左側通行がしやすく、狭い通路での車両とのすれ違いが楽になる
左側ミラーはむしろないほうがメリットが大きいと感じる
しかし右側は非常重要で、しょっちゅう右側から追い越しされるので、常に見ている必要がある

私は使ってないかごや、後部荷台も一緒に取り外してしまった
車両が軽くなって運転や押すのが楽になり、また燃費も向上した
取り外しはレンチといった器具が必用だったが、近所の二輪販売店でたのめばやってくれた。
なんか億劫だったが一分ですべて取り外しが完了して、取り外した部位は原付に積んで自宅に持ち帰った
原付購入店だったので、値段もかからなかった

黄色の追い越し車線を通るときは

追い越し禁止の黄色線は、線をはみ出して追い越し禁止を意味する
黄色線を踏み越えて、右折、Uターンするのは可能である
原付なら、対向車線の車列が途切れているところを狙って、黄色線を右折できるだろう。

車列が途切れない交通量の多い道路で右折したい場合
右ウィンカーを出して、黄色線のそばで停止
車列が途切れたところを右折する
対向車、背後の車ががんがん走ってきて恐ろしいが、違法ではない

黄色線を越えてUターンするのは可である
道を間違えた場合、黄色線を越えてUターン
反対側車線に入り、きた道を戻ることができる
原付は小回りが利くので、すいている所を狙って黄色線をUターンできるが
車体が大きい四輪の場合は危険な行為だろう。

右折もUターンも、前準備として、右ウィンカーを出してできるだけ車体を黄色線に寄せておくこと
これは常識であり、やらないと背後の車に追突され危険である

燃費向上術

タイヤの空気圧高め
停止時はエンジンブレーキ(アクセルを離すだけ)を使って、ゆっくり停止する。
そのために右左折や信号停止を前もって把握して、速度を下げておく
加速は普通でかまわない。ゆっくり加速はあまり燃費によくないらしい
急発進は燃費によくないそうだが、信号待ちから発進するときは最大加速が一番良い
側面や後方の車両をなるべく突き放しておいたほうが、走行は楽になる

ガソリンを入れるときは、満タンまで給油する
半分まで入れる燃費向上術があるが、ガソリンスタンドに入る回数が増えるし、もしものときにガソリンがなくなるリスクが大きくなる
そのため、半分までしか入れない方法はあまり効果がないだろう
一番効果があるのは、車体と搭乗者の減量である
なるべく荷物を減らすように心がけたい