ロードモバイル 兵士の相性

ユニットの相性はでかでかと表記されており、歩兵>弓兵、弓兵>騎兵、騎兵>歩兵、全ての兵士>攻城兵器>城壁、罠となっている。相性が良い場合、攻撃ダメージは1.3倍、防御ダメージ0.7倍の補正がかかる。ただし弓兵は前衛がいる限り攻撃されないため、相性の上位にいる

弓兵有利

兵士の相性は公平な三すくみなので、均等に兵士を作ったほうがよいと思うだろう。しかし実際には弓兵が有利で、攻城兵器が不利なバランスになっている。

防衛戦では、防衛側のユニットは城壁が破壊されるまで攻撃できない。弓兵と攻城兵器のみ相手の前衛ユニットに対して、攻撃を行うことができる。ただし攻城兵器は防壁と罠以外には相性が悪く、ダメージが0.7倍になってしまう。

弓兵は前衛が全滅するまで一切攻撃されないので、防御を気にする必要がない。これは非常に有利で、弱点の歩兵に攻撃されるリスクが少なく、防御力の低いT1アーチャーでもやられて士気が下がるということがない。弓兵は足が速いうえ、T1でも戦力になるため強力な兵種になっている。

弓兵の欠点は資源保持量の少なさだが、レベルの低い資源タイルから採取すれば、ほぼ関係なくなる

兵器不利

攻城兵器はバランス的に不利で、攻城戦の攻撃で、相手の罠と防壁を破壊する以外に利点はない。一応弓兵同様前衛に遠距離攻撃を行うが、相性が悪いためダメージが0.7倍になってしまう。城攻め自体あまり行う必要がなく、したがって攻城兵器の価値も低くなる

これにより攻城兵器を強化する軍隊ブースト持ちのヒーローの価値も下がる。森の妖精はその最たる例で、攻城兵器はほかの兵種が全滅されるまで攻撃されない仕様なので、バトルスキルがほとんど腐っている

闇の巣窟では強力な防壁が待ち構えているが、ある程度のギルドなら兵器は全く不要。マター20以上を狙えるようなギルドの場合、兵器がなくても単一の兵科で壁を即破壊できる。そのため兵器は不要が一般的であり、T3の弓・騎・歩を一兵づつ作っておけば、マターを獲得できる。

兵器は現状不遇で作らないのが常識となっている。戦場降臨で壁と兵器は一切恩恵を受けられなかったため、余計に不要になってしまった。