ドラッケン レビュー

category
ゲーム
hard
SFC
Last Update

ストーリー

神が大地を創造したとき、まず大地にドラゴンをつくり、その後地上に人類をおいた。
神は地上から去るとき、人間たちに予言を残す。
「古のドラゴンが滅びる時、新世界が誕生し人間は滅ぶ。」

そのときより長い月日が流れ、人間たちの心に悪の心が芽生えた。
神の言葉を忘れ、人間達はドラゴンを絶滅させる。
それを見て悲しんだ神は、ドラゴンたちのために8つの涙を流し
予言どおりドラゴン人間、ドラッケンによる新世界を作る。

のちにこの新世界はドラッケン島と名づけられ、人間型ドラゴンであるドラッケンが支配していることが明らかになる。
このドラッケン島は徐々に拡大しており、それに伴い好戦的なドラッケンたちの勢力も日に日に増大。
このままでは世界はドラッケンに飲み込まれ、人類が制圧されてしまうのは時間の問題だった

しかし神は人間に最後のチャンスを与えた。
ドラッケン島にある「8つの涙」と呼ばれる宝石を手に入れる事が出来れば、滅ぼさないと約束したのだ。
ジェムとはドラゴンが人間に滅ぼされたき、神が流した涙の結晶のこと
プレイヤーである4人の勇者たちは、人類の危機を救うためドラッケン島に乗り込み、この試練に挑む

そこでドラッケンたちは二つの派閥に分かれて抗争を続けていた
ひとつは人間と共存しようとする穏健派「第九の涙の連合」
人間を滅ぼし世界の支配を企む過激派「炎の連合」
勇者たちは人間と友好的な第九の涙の連合に友好を取り付け、ジェムと引き換えに彼らのために奔走する

レビュー

SFC初期、ボンバザルと並ぶ有名なクソゲー。
正確には奇ゲーなのだが、マリオとかF-ZEROとかすばらしいSFC初期タイトルがあるのに、
これを10800円の定価で買わされたら間違いなくクソゲーだろう。

なんだかよくわからない世界観、きもい動きをする敵、戦闘はただ殴るだけ
そしてすばらしいBGM。クソゲーはBGMが良いという迷信がある

今冷静に評価すると、BGM、世界観、テキストがよいが、ゲームとしては微妙という雰囲気ゲーという感じ

ストーリーについては特筆すべき点がある
ドラッケンは、ドラゴンは神の使いであり、神聖な生物であった
それが人間によって滅ぼされ、神が涙を流し、新人類であるドラッケンが誕生し、
人類に破滅の危機が訪れるという内容である

ドラッケンはストーリー上、ドラゴンが非常に重要な存在である
ドラゴンと名前がつく創作はたくさんあるが、名前だけでドラゴンが重要な存在のものはほとんどない。
私の知る限り少し的外れだが、トマスハリスのレッドドラゴンぐらいだ

ゲームでは幾多のドラゴンが出てくるが、重要でもなく、殺され続けるか、
シェンロンやマスタードラゴンのような、人類にとって都合の良い存在の二つしかない
人間の思い通りにならないドラゴンたちといえば、有名どころではロマサガ3のグウェインやimmortalのラスボスのドラゴンくらいだろうか

またドラッケンのストーリーは、ドラゴンを殺し続ける創作物へのアンチテーゼになっている
今も変わらず、ゲームの敵キャラとしてドラゴンいくつも登場し、殺されまくってるが、ドラッケンの世界では、そうやってドラゴンが滅んだのかもしれない

ドラッケン島

ドラッケン島は雪原、沼地、平原、砂漠の4つの地域に分かれている
神の島なのか、極端な気候の差がある。

それぞれの地域ひとつを、兄弟である王子と王女二人で支配している
そして二つの派閥「炎の連合」と「第9の涙の連合」に別れ、お互いに争っている。

簡単に説明すると炎の連合がドラッケンの世界征服を目的とする過激派なら、第9の涙の連合は人間との共存を模索する穏健派である。

兄弟が必ず別の派閥に加入しているため、兄弟同士で殺し合いをしている
比較的マシなのは、ホドケンとホドカの兄弟で、親類としての関係を続けている
しかしほかの兄弟を見る限り、ホドケンが炎の連合に加入すれば、妹のホドカのジェムを殺して奪い取るのは時間の問題だと思われる

炎の連合の王族たちは信心深く、根源の神と呼ばれる唯一神を信仰しており
第9の涙の連合の王族たちを生贄にしようとしている
これはゲームのプロローグに登場した、ドラゴンたちのために八つの涙を流した神のことだろう

ドラッケン島にはドラッケンタイプ以外に、より人間に近いエルフも暮らしている。
彼らの地位は低いらしく、ドラッケンの有力者を恐れ、従いながら細々と生活している。
純粋な人間も少数ながらいるらしいが、ドラッケンの軍隊の狩の対象であり、身を潜めているようだ。
プレイヤーキャラクターたちも人間なので、行く先々で襲われたり、住民に煙たがられたりする。

ホドケン王子

ドラゴンの王子たちのなかではもっとも力が弱い。
炎の連合に入れてもらおうと必死になっているが、
有力者であるナクトカ姫なぜか嫌われており、派閥に加入することができない
酒場の住人いわく、本当に嫌な野郎。
領主の立場にあるが、とりあえず領民を虐げてると思われる
傲慢で小物な性格だが、妹おもいなところがある

各所でクズ扱いされているが、ホドケンの城は落ち着いたたたずまいで快適そうだ

ホドカ王女

兄のホドケンとは正反対で、博愛的な性格で、人間たちに慕われていた
ホドカ姫は人間と共存を図る第9の涙の連合で、人間をかくまっていたようだ。
それが原因で、炎の連合のリーダー、アーケン王子に襲撃され、地下牢に監禁される
格好がエロくてお気に入りだが、よくみるとものすごいでかい。しかも一回しかあえない

寺院

よく聞け!!第9の涙とは、8つの涙が合わさったときに初めて現れるものなのだ。
それは幾度となく太陽に焼かれ、幾度となく月光を浴びた。
そして光の主であり、影の主であり、宇宙の主であり、父なる神の涙である

沼地の寺院

あなたがここを訪れる姿はずっと以前から見えていました。
私がこの寺院の司祭アレッケンです。

私は第9の涙の連合のメンバーです。この世は必ず救われると信じています。
この世界があなたの世界を破壊せずに、再生されることを望んでいるのです。
友よ!!光があなたを取り巻いています。私達の心は終わりなき歌のようです。
運命は強き者を切り裂き、死の扉の向こう側に横たわる者は、ジェイドに再び生命を授かるでしょう。
傷ついたところを見せなさい。すぐに治して差しあ上げましょう。

ようこそいらっしゃいました。私がこの寺院の司祭フィッケンです。
目を開かず行く者、物を知らず道を来る者に、災いあれ。
物見高い者、神聖なる道にして地獄の道にして、必ずや天罰を受ける。
だが涙があるならば裸一貫で恐れなし。望みを4度唱えよ。
ドラゴンは神々しい炎を灯し、新しき時代の到来を告げる。
そしてお前の名は永遠に記憶に留められよう。

時間の法則が書き換えられ、宇宙に道が創られた。
弧を描く過去、永遠の闇、星屑を通り彼らはやってきた。
この星へと笑顔でやってきた。
しかし愚かな人間は、友を敵意で迎えた。
彼らの土産は輝く光。
大地の奥に埋め込まれた。
この星の奥深くまで光の道を創り、力にこれを護らせた。
無知なる故に、己の運命をこれに導く者には、重い罰が下る。

ゲームオーバー時台詞

なんと恐ろしい!!
ドラッケンの島は止め処もなく広がり
ドラゴンの群れが空を覆いつくす

町も宮廷も崩れ落ち
人間は軍隊に虐殺され滅ぼされてしまった

魔王ではなく悪魔の軍隊に滅ぼされてしまう。
JRPGにはない歴史的シリアスさを感じる恐ろしい表現だ
こういう世界観はブリザードのdiabloなどに見られる

民家の台詞

ばか者め!自分の格好を見てみろ。
戦いたければ、ちゃんと装備を整えろ!!

いや・・・少し言い過ぎたかな?
すまんすまん

隠し酒場

付近の道沿いで、旅の通行人が十字路を南というヒントをくれる

ホドケン上の西側に隠し民家。必ず商人と会うことができる
なんと専用BGMと専用グラフィック付き
ホドケンは本当にいやな野郎だね。ホドカ姫は素敵という情報が聞ける
ホドカ姫は性格がよくて、スタイルが抜群。もう少し小さければな・・・

なんと酒場の情報は、ゲームの進行具合によって変化する
ホドカ姫がさらわれたあとだと、アーケンが残酷で凶暴な男だという情報が聞ける

エンディング

八つの宝石を天にかざすと、4人の神々が天空から舞い降りてきた
神々が放った強い光は、やがて第9の涙になった
神は言った
ここは神々の国・・・すべてはここで始まり、ここで終わる
光の涙が、原始の混沌が、幾千の生命の聖なる炎が
混沌の軍隊を放ち、夜を照らし、正しい秩序を取り戻す
4対のドラゴンは溶けて一つに。そしてそれぞれの役割を果たす
人間よ・・・そなたの知恵は唯一、そなたの勇気と見事に調和し
そなたの壮大なる戦いにより、正義が守られた
さあそなたの世界に戻れ
人々にこう伝えるがいい・・・ドラゴンと戦うことは
己の運命をも破壊することだ
再び壮大なる挑戦が、そなたを待っている

勇者たちは炎の連合の王族、アーケン、ナクトカ、ハズルケン、ホドケンの4人を殺害
右翼派の炎の連合の有力者が全滅し、八つの涙が勇者の手中となったため戦争は終結
第9の涙の連合はハズルカ姫以外の3人が生き残っているため、左翼派の第9の涙の連合の勝利となる
センターオブアイランドに八つの涙をもっていき、ゲームはエンディングを迎える

人類の脅威となるドラッケン島が誕生した経緯は、人間達がドラゴンを皆殺しにしてしまったことである
しかし結局勇者たちは、人間と敵対するドラッケンたちを皆殺しにして、事件を解決してしまった
いったい何のために神は涙を流したのだろう
一応第9の涙の連合のドラッケンたちと協力したので、問題ないんだろうか