キャプテン翼5 覇者の称号カンピオーネ ワールドトーナメント攻略

カルチョフェスタでは使うことのできなかった、サイクロン、クリップジャンプ、それから岬とのコンビ技がいつの間にか追加されいてる。浮き球からのサイクロンは全日本で最強のシュートなので、カルチョフェスタ同様、翼が必殺シュート役になる。浮き球ではサイクロン、グラウンドならドライブパスゴールが狙えるので、全日本で一番得点力が高い

中盤は岬や松山がボールをキープできるので、翼は必殺シュートに専念できるだろう。カルチョフェスタでサイクロンが使えれば、得点しやすかったのだが

日向

ようやく日向を使うことができるのだが、カルチョフェスタでシニョーリのすごいプレイを見せつけられて、スランプ状態になっている。実際ジョアン監督の弟子は新田以外、チートみたいな性能なので、日向の落胆も仕方あるまい。

実際にフィールドに立つとすべての能力値が最低になっているらしく、鈍足の上ボールを簡単にとられてしまう。外すこともできないので邪魔にならないDFに配置しておくしかない。必殺パスはすごい補正が強力らしく、タイガーパスだけは取られないので、敵と接触した時は必ず使おう

若林

おなじみ全日本の守護神。前作同様ペナルティエリア外からのシュートに対してセービング補正が付く。しかしこれが計り知れないほど強力らしく、翼とシュナイダー以外のシュートは、どうやっても全部キャッチできるようだ。

エリア内からのシュートも素のステータスの高さで、かなり守ることができる。今作ではGKのレベルが上がりにくく、相当不利なのだが、それでもかなり守ってくれる。シリーズでも最強の若林だろう。

若島津

日向ともども、ユベントスから日本に戻ってきた。セリエAではミューラーに次ぐNO2GKだが、前述の若林の超性能のおかげでまったく出番がない

スランプ日向入り全日本フォーメーション

翼がCFW。岬と松山が中盤を担当し、WGに早田と三杉を配置する。ようやく三杉をWGに配置でき、ガッツの心配が減った