キャプテン翼4 プロのライバルたち - サンパウロ 練習試合編

練習第一試合 パイサンドウ

翼をくわえたサンパウロプロチームの記念すべき第一試合
練習試合だし初戦の相手なので、ロベルトの言うとおりたいしたチームではない

ストラットは親友のバンビーノをタックルで負傷させ、選手生命を絶ってしまったことがトラウマになっていて
試合中ストラットがタックルを選択すると、怖がって失敗するというイベントが見れる


しかし後半相手チームのレベルが上昇するため、苦戦を強いられる
なぜ相手のレベルがあがるかというと、わざと失点させ、レナートがぼろくそに言われるイベントを見せるためである

ストラットは日向や新田みたいに、ストライカーとしてGKを評価する隻眼を持っており、
たった一試合で、それも一言でレナートの実力を形容する
(2時代はポストのほうがマシだったが、4ではポストよりはマシだが)

ストラットはサンパウロの正GKバモラと一緒にプレイしてきたので、レナートの実力に苛立ちを隠せない
このあとストラットは改心するが、レナートの評価は相変わらずだと思われる

第二試合 クルゼイロ

かつてのチームメイトで、ブラジルナショナルユースチームで活躍していたドトールとアマラウが在籍している
もともとモブキャラなので、翼と会話イベントなどなくさびしい限り。
ドトールには初めてイベントシーンが追加された。(ストラットをタックルでふっとばす)

第三試合 バスコダガマ

初の分岐試合となる試合で、初めて相手側に必殺シュートをもつザガロが登場する
ザガロは強引なドリブルとダブルイールをもつ劣化日向みたいな選手
この試合は負けると分岐が変わるので、絶対に勝っておきたい

キャプ翼4の強力すぎる強引なドリブルの対処方法は、DF三人集まるまで動かないを選択
DF三人が集まったら、全員タックルを選ぶ。
勢いが弱まるので、何とかボールを奪い取れる
またプレスでザガロにボールが渡る前にパスカットしてしまうこと

マズルカはそこそこ強いGKだが、ストラットと翼のダイレクトシュートなら二分の一くらいの確率で得点できる

翼ストラット劇場

一流のストライカーであるストラットだが、なぜかタックルに恐怖心を持つ。それをみて不思議に思う翼は・・・

ストラットは過去、親友のバンビーノを、タックルで選手生命を絶ってしまう。それが理由で、ACミランから引退し、逃げるようにブラジルに渡ってきた。それをみた翼は、「心がこもっていない!」と一喝。過去を振り返るのをやめたストラットは、ついにタックルへの恐怖心を克服する。そもそも、誰かさんが物騒な名前のドリブル技を使うのがいけないとか言ってはいけない。