キャプテン翼4 プロのライバルたち - サンパウロ 練習試合編

ゲームスタート直後、サンパウロの練習試合編の攻略

サンパウロ(プロ)の選手たち

説明不要の主人公。ゲーム冒頭で、サンパウロプロへの入団を果たしたことが伝えられる。
前作ユニバーサルユース大会で編み出した、ネオサイクロンがはじめから使えるが、
ガッツの消費が激しすぎて、一度ぐらいしか打てない。
ネオサイクロンはサッカーにあるまじき超必殺技で、もはや常人が防げるようなシュートではない

小話だが、ミランカルテッドとの対決カットインのとき、翼だけさんづけで彼らをよぶ。

石崎

原作でもおなじみの翼の親友。
冒頭で大学選手権V3を達成した後、翼を追ってサンパウロに入団する。
デフォではベンチだが、サンパウロの中ではステータスも高く、エースとして通用する。

必殺技のヤマザルバスターはものすごく強力なシュートで、
石崎のキックは5しかないのだが、並みのキーパーではまず取れない。

ストラット

元ACミラン所属のイタリア人だが、わけあってサンパウロに移籍。
必殺技こそないが、高いシュート力・走力・浮き球適性をもつ理想的なストライカー。
ガッツもたくさんあり、ストラットのダイレクトシュートがサンパウロで一番得点できる。
ミアータという恋人がいる

ジウ

サンパウロユース時代からの翼のチームメイト。
平凡なシュート力と、毛の生えた程度の浮き球適性で、ストライカーなのにまったく得点できない。
今作では浮きだまバグの存在が追い討ちをかけ、ほんとに役に立たない選手になっている。

冒頭では先輩たちとポジションを争うとロベルトは言っていたが、その先輩は姿も形もない
神隠しにあってしまったんだろうか?

レナート

シリーズおなじみのサンパウロキーパーで、翼とともにプロチーム昇格。
前作の3では中堅くらいのGKだったのだが、今作では見事に弱体化。
なんとあの森崎以下の性能になっている。
ストラットに「ポストの方がまだましだぜ!」といわれるが、それほど間違っていない。

正GKのバモラが故障しており、その代わりにスタメンで出場する

ファルコン

ダイレクトプレーを得意とする、サンパウロの11番。
ステータスが低く、サンパウロの中でもNO1のベンチ候補。
しかしベンチに下げてしまうとファルコンの呪いが発生する。
ファルコンは非常に多くの選手に経験値を継承するため、レベルを上げておかないとそれらの選手が見るも無残に弱体化する

リベリーノ

ステータスの総合地では平凡だが、重要度が高いキックと技が高いため活躍する。
パス役の7番がお勧め。

ジュニエール

サンパウロの一般人の中ではもっともステータスが高い。
パスカットの成功率が高く、ボールキープもそこそこできるためレベルが上がりやすい。
リベリーノとジュニエールには、重要なポジションを与えるのが良いだろう。

ポジション スペシャル プレス

石崎の変わりに、ステータス継承的にも重要で無いベルナルドをベンチに
得点可能な翼・ストラットをFWに。
石崎はDFが強力で、山猿バスターで得点できるので、MFの位置に上げる。
浮き球は得意ではないのでダイレクトシュートしないように。

キックオフからプレスで、翼、石崎、ストラットがボールを奪いに行く
技が高い翼と石崎はパスカット。キックが高いストラットはタックルを選択する。

翼とストラットはダイレクトシュート、石崎は山猿バスターで得点できる

ジウとファルコンはレベルアップが難しいのに、経験値の継承で重要になる
レベルが低い場合は、ほか選手がパスを出して、ノーマークでトラップさせるとよい
翼やストラットのレベルが上がりすぎてしまった場合、試合終了直後に、ベンチの選手と交代して経験値取得を抑制