NEET13

lastupdate:

デンタルマウスピースで矯正する

Rheart デンタルマウスピース 取扱説明書付 SR-916 (クリア) 改良版

歯科医による矯正は100万近い費用がかかるため、自力矯正を試みる
それで目に留まったのが、amazonで売られている2000円のマウスピース

正式名称はRheart デンタルマウスピース SR-916
この商品について販売元の情報はwebサイトなどなく、amazonの商品情報しかない
またamazon以外にこのタイプのマウスピースは出品されていない

かなり売れている商品で、同系品に多数のレビューが寄せられている
レビューによると、わずかづつ効果が実感できる、
酷評レビューだと、そもそも装着できないことがあるとのこと

はっきりいって、効果があるのか相当怪しい商品である
汚れや歯の状態が見えやすいようにクリアタイプを購入

商品はほとんど矯正マウスピースT4Kと同じ。

T4K(トレーナー・フォー・キッズ)

T4Kは、10才前後の生え変わり期の矯正に使用される
マウスピースをはめることによって、口呼吸、舌癖をやめさせ、歯のラインを整える
大人用のT4A(ティー・フォー・エー:トレーナー・フォー・アダルト)もあるが、 子供ほど効果はない。

また重度の歯並び不全の場合、抜歯などをして、歯を動かすスペースを作らないと矯正は出来ない
無理をしてつけると、顎関節炎などの危険がある
一方、口呼吸の舌癖の改善。矯正が戻るのを防ぐリテーナーとしては効果が見込めるとのこと

T4Kは日本の歯科で購入すると、5万円ほど費用がかかるそうだ
効果はあるか別として、相当安く買える

T4Kの効果的な使い方は

上唇で前歯を抑えて口をしっかり閉じる
舌の位置を正常な位置でキープする
鼻呼吸を意識する
日中1時間以上、睡眠中に必ず装着すること

商品説明

以下は説明書に記載されている重要事項
amazonには未掲載なので、購入前に商品について知りたい方はどうぞ

取り付け方法の画像が説明書に入ってない。
口に装着する図が必用なときは、amazonの商品画像を参照

サイズ(約) 6,0×4,0×2,2cm・本体材質 EVE樹脂 ケース材質:PP樹脂
内容物 マウスピース,ケース,日本語取扱説明書

理想的な形のアーチと適度な締め付け
はじめは2分、5分、10分と短い時間使用する
痛みや不快感を感じたら休息して再度着用
装具が慣れてくると、少しゆるく感じる
一日10、14時間の着用をお勧めする
日中着用する場合は、装具を噛んで唇を閉じて装着。

未使用時はゴムの臭いがすさまじいので、
ポリデントなどの洗浄液につけてから、清潔な水で洗う

使用後は水洗いし、水気を取り去り、付属の専用ケースにいれて保管

未使用時はゴムの臭いがすさまじいので、
ポリデントなどの洗浄液につけてから、清潔な水で洗う

使用後は水洗いし、水気を取り去り、付属の専用ケースにいれて保管

以下の使用を禁じる
18歳未満の使用は控える
鼻に疾患があり、鼻呼吸が困難
歯にぐらつきがある
歯の治療中または口内に以上があるかた
入れ歯を使用中の方
歯並びを矯正中の方
本体をしようして、額間接に痛みを感じた場合はすぐに利用をやめる

初期不良の返品は受け付けてない

お手入れ 洗浄方法

ポリデントマウスピース

マウスピースを外したときに、水洗いして、
専用ケースなどにおき、よく乾燥させる
水や洗浄液につけっぱなしにはしない。

三日に一度ポリデントなどで洗浄する
歯が汚れた状態で装着する場合、もっと頻繁に洗浄すること

汚れが付着したまま装着すると、虫歯や歯周病にかかるので
こまめに洗浄すること

実際に装着した感想

硬いゴムのような素材で、もちろんゴムの匂いがすごい
装着すると、匂いは吐き気がするほど
説明書どおりポリデントで洗浄すべきだった
夜間歯磨き後に画像を参考にしながら装着

最初は唾が出すぎて苦しくなる
しかしそのうち装着したまま唾を吸いめるようになる

マウスピースは口に収まるが、あちこちずれている
歯並びが悪いと、歯がぶつかってしまって、歯並びの中心に収まらないらしい

口を開けれないので食事はもちろんのこと、くしゃみもできない

2〜3時間装着すると、圧迫で歯の根元辺りに痛みが出てくる
最初はこの痛みが長い時間続き、かなりストレスがたまる
3日ぐらい使い続けると、痛みは徐々になくなってくる
これは歯並びが変形したか、それともマウスピースが変形したか不明
私の場合、歯並びが悪かったせいなのか、マウスピース自体がゆがんでしまった

最初のうちは違和感がありすぎてつけたまま眠ることはできない

寝る前、歯磨きが終了してから付けたほうが良い
歯を清潔にしてから装着すれば、マウスピースに歯垢がつかない
しかし日中付ける場合は、ポリデントで頻繁に洗浄したほうが良い
マウスピースが汚れたまま装着すると、虫歯菌が繁殖する可能性がある
少なくとも歯軋り防止に睡眠中に装着する場合、徹底的に洗浄したほうが良い
睡眠時は唾液が出なくなり、虫歯のリスクが増すためである

実際にデンタルマウスピースで矯正できるか?

まだ一ヶ月も使用してないので、なんともいえない
とりあえず一日14時間、一年間の装着を目指す

使用から一ヶ月

毎日10時間以上装着した。
ほとんど圧迫感を感じないし、口にフィットする感じで付けたまま眠れる
ただポリデントに付けて歯ブラシで磨いても、マウスピースの黄ばみが取れない。
またマウスピースやや変形しているので、ここらで新しいマウスピースを買ったほうがいいかもしれない

マウスピース矯正は固定の矯正より時間がかかるので、一ヶ月程度では効果が出ない
かつ動かす力が弱いので、ほとんど付けっぱなしにする必要がある