lastupdate:

超コンパクト歯ブラシのススメ

ハブラシの大きさはコンパクトか超コンパクト

歯ブラシの大きさは3種類あり、日本では普通(medium)、コンパクト(compact)、超コンパクトとなっている
普通サイズは表記なしで、最も小さい超コンパクトはおかしな名称だが、この名称が一般的になっている
歯ブラシコンパクトが普通で、表記なしが大きめ、超コンパクトが小さめである

普通サイズは最も大きくて、大柄な成人男性しかお勧めできない
普通サイズの歯ブラシは明らかにブラシが多いため、あごがもともと大きいか、歯並びが極めて良い人間でないとうまく磨けない
大きい歯ブラシは大きいから楽に磨けるのがメリットだが、細かいが磨きづらく、磨き残しができやすい
歯というのは平坦ではなく、アーチ上で、かつでこぼこしているので、大きな歯ブラシではうまく当てづらいのだ

コンパクトは名前とは裏腹に普通の大きさである。
特に問題はないが、このサイズでもやはり大きいと感じる

歯磨きを気を配っている人は超コンパクトサイズがお勧めである
もともと丁寧に歯磨きをする場合、鏡を見ながら、ひとつの歯ごとに丁寧にブラシを当てることになる
歯をひとつひとつ磨いていく場合、コンパクトサイズでもはみ出すほど大きい
その場合、超コンパクトで磨くのが大きさもちょうどよく細かいところに届きやすい

ハブラシの硬さのお勧めは普通

やわらかいハブラシは歯茎から血が出てしまうようで、毛先が寝やすく磨く力が弱くなる
プラークの粘着質(バイオフィルム)を破壊するのには硬い歯ブラシが最適
しかし磨く力の強過ぎる人は、歯茎を傷付けてしまう恐れがある。
そのため、硬さは普通を選ぶのがおすすめ

ハブラシの形状も平たいものがお勧め

山切りや極細いハブラシは毛先が歯の間や歯周ポケットなど狭い部分に入り込むように加工されています
しかし歯の表面を磨くには、普通の形状が一番ブラシで磨きやすいです

またこれらのハブラシは毛先が寝やすくブラッシングが弱くなるという欠点があります
歯の表面や歯と歯の間に付着したプラーク(歯垢)は粘着性のあるフィルムで覆われている
歯にブラシを直角にあてたとき、毛先が寝てしまうとこのフィルムを取り除けない
また歯肉炎や歯周炎で歯周ポケットが深くなってると、歯石は歯ブラシでは落とせない
特別な形状のハブラシを使うのではなく、タフトブラシや歯間ブラシを併用しよう

デンタルプロ ブラックハブラシ

私のお勧めのハブラシは、デンタルプロ ブラックハブラシです
ハブラシ歯間ブラシなど多くの歯磨き商品を開発しているデンタルプロ社製
ブラックハブラシは見た目はキワモノのように見えますが、まともなハブラシです。
握りやすく、歯の密度が多く、コシが強いのでごしごし磨けます
プラチナコロイドセラミックス(PCC)入り黒の特殊毛はへたりにくく、かつ丸型加工されているので歯茎を傷つけません

お勧めは大きさがコンパクトか超コンパクト
毛さきの形状が丸型加工、そして固さが普通のもの
C12とS12がお勧めです。超極細毛などはおすすめできません

デンタルフロス

ガムデンタルフロス(広がるタイプ)から乗り換えて、GC ルシェロ フロスを使っている

ガムやリーチのフロスは切れたり、歯の隙間に引っかかったりすることが多かったのだが、
GCルシェロフロスは一回り太い糸で、しっかりとした感触がある
するっと歯の隙間に入って切れない上に、汚れを残さずかきとってくれる
市販のフロスより明らかに高いつくりで、1100円するが、200mも入ってるのでコスパもすごくよくて
お気に入りになった。

この商品は現在amazonの一部店舗しか取り扱ってないようだ

歯磨き粉

フッ素コート剤。歯の再石灰化を促進し、歯周病を予防する
抗菌作用もあるので夜間寝る前に必ず歯をコーティングする。
就寝中は唾液の分泌が減り、虫歯が進行しやすくなるため
コンクール ジェルコートで隅々まで歯を磨いて予防する

この商品や歯科医がよく進める商品で、効果は折り紙つき。
ひとつだけだと高いかもしれないが、マトメ買いで買うと安くなる