NEET13

歯医者通い履歴

lastupdate:

駅前ビル 歯医者A

通った歯医者の中で最善だったのは、駅前の歯医者
私はその歯医者に子供の時から通っていた。jh

4階建てのビルがすべてその歯科になっており
歯科医の数も施設の数も最も多かった
インプラントを日本で最初にやり始めた歯科だそうで
その経歴からインプラントの名医に当たる。
根拠はないが、抱える歯科医の数と治療の質は比例するような気がする

保険治療だったし、いまでも通い続けたかったが、
遠いので電車賃がかさみ、予約もなかなか取れない
通院が億劫になり、別の歯医者に行った
歯科はしょっちゅういくので、通いやすいことは重要だった

もう20年以上前なので、歯科治療の痛さと苦しさ今とは比べ物にならない
麻酔注射の痛さと口を開かせるゴムマスクの苦しさ、そして麻酔が切れたときの痛みの3重苦で
子供が泣き出すのは仕方ないと思った。

小さな歯医者B

二件目が10年ほど前に通っていた歯医者B
この歯医者はおそらく酷い歯医者に分類される
住宅地にある小さな歯医者で、歯科医は院長一人と、助手は受付も兼任している一人だけ

ここの先生は治療についてまったく説明してくれない
あれこれ世間話をしたいわけではなく、歯や虫歯のケア最低限聞いておきたい
それで恐る恐る質問すると、露骨に機嫌を悪くして、とげのある返答が返ってくる
明らかに心が狭いタイプで、この歯科医に会うのが嫌で仕方なかった。

人の性格を非難できる立場ではないが、日本人の一割は、
対面の相手の揚げ足を取ったり、萎縮したりさせるような態度を好んでとる人間がいる

また虫歯だろうが、レントゲンを一切とってくれない
心配になったのでそのことをたずねると、必要ないからと一言
治療室の隅に埃を被ったパノラマレントゲンが一台あるだけだった

今思えばすぐに転医すべきだったが、そのときはまだ歯科医の腕の差を意識したことがなかった
またそのとき私はまだうぶなヒッキーで、別の歯医者に行く勇気がなく、結局5年くらい通院した
引きこもりは歯医者と散髪を酷く恐れるものなのだ

転医のきっかけになったのは、根の治療に失敗したとき
奥歯の銀歯が、2次カリエス虫歯になっており、根が膿んでしまう
さらに隣の歯も虫歯にかかり、二本も神経を除去しなければならない
いわゆる根幹治療で、歯の根に膿がたまって、毎晩地獄のような苦しみを味わった

歯医者Bの診断を受けると、根に膿がたまっており、根幹治療をするといった
銀歯を取り外して、神経に薬をつめるという治療をしばらく行った
治療が終わっても2、3日で猛烈に痛み始めるので、とてもつらい期間だった

この歯科医の診断と治療は適切だが、デンタルレントゲンを採ってくれなかった
普通虫歯、重症な根の炎症の場合、被写体の歯にデンタルレントゲン(口腔内撮影)を撮影する
歯科用のフィルムを口の中にいれ、顔の外からエックス線装置を密着して写真をとる
とはいえレントゲンで細部がわからない、直接歯の内部を覗いたほうが細部までわかる場合もある
しかしその歯医者Bは肉眼でみただけで、神経の状態はよくわかってなかった

神経を殺し、薬をつめる作業が終了し、銀歯をかぶせた。
念のためなのかそのとき始めてパノラマデントゲンを一枚とられた
全体の歯形を撮影するものなので、何の役に立っているのかはわからない

一応根幹治療は終了したのだが、噛むと酷く痛むという深刻な症状が残ったままだった。
歯医者Bに尋ねたが、治療は成功したとしか言ってもらえず不信感が増大する。
そこで初めて歯の治療についてネットで積極的に調べ始めるようになった
根幹治療は難しいもので、保険治療では治療内容に限界があり、失敗するリスクはやむなし
もっと失敗が少ない治療を望むなら、自由診療でマイクロスコープ、
ラバーダムを使う歯科を選ぶようにとかかれていた

治療費のことで恐ろしく悩んだが、半端な治療で再度詰め物に失敗すると、歯を失う恐れがあるので
駅前にある自由診療の歯医者Cにかよう。
この歯医者Bの印象は最悪なのだが、総じて見ればヤブや破壊者歯医者と呼ぶほど酷くはない
ちょっと信用できない、やや不満が残る程度のものである
しかし人間の歯は再生できないため、その治療内容にはどうしても神経質になってしまう
虫歯になれば猛烈に痛む挙句、削っただけでも二度と元に戻らず、歯の寿命は確実に縮むのだ

自由診療の歯医者C

根幹治療の失敗の恐ろしいところは、根の治療が不十分の場合、銀歯を取り外して再度治療のやり直しになるところだ
そして再度歯を少しづつ削り、歯が脆くなってしまう
もう一度保険治療で失敗すると取り返しがつかなくなると重い、自由診療のC歯科に通う
治療費はざっと5倍以上かかるから、まあ治してくれるだろうと、なけなしの銭を払う

見つけたのは駅前の歯医者C立派な、ウェブサイト上で根幹治療の専門家をうたっていたので、ここなら何とかしてくれるだろうと通院を決意する
電話で予約するとその歯医者は、くれぐれも診察の予約は厳守してくださいと念をおされた
来院してロビー受付で待っていると、患者一人ひとりにお茶を出された
診察待ちしていて、お茶が出てくるなんて、歯医者どころか病院で始めてである。

説明も丁寧で、治療計画書と呼ばれる自分の歯の鮮明な写真資料を受け渡された
しかしこの初診料に3万もかかるのは、さすがに厳しすぎる。
貧乏人の僕は資料はいらんから診察費を負けてくれといいたくなる

その歯科医Cの診断によると
「あなたの歯の神経は曲がりくねって複数伸びている。根の先まで薬が充填されていない。
それらすべてにしっかり薬を詰め込まれておらず、炎症を起こしている」
歯の神経は普通シンプルに一本伸びている構造だが、たまに僕みたいな厄介なタイプもいるそうだ

しかし自由診療の割りに、検査は普通のパノラマデントゲンとデンタルレントゲン
歯科用CTが出てくると思って期待していたので、がっかりする
また根幹治療はラバーダムもマイクロスコープもなかった
歯科医が言うには、それらがなくても、慣れている方法でやったほうが成功しやすいとのことだった
これなら保険治療でも変わらないんじゃないかと不信感が増大する

結局費用がネックになり神経に再度薬をつめたところで、別の歯科医にかかることにする
そこまでの治療でしめて10万円程度でかかり、保険治療のざっと10倍以上かかっている
ゴールドのクラウンをかぶせせて治療を完治すれば、20万程度かかる
治療にはまずまず不満はないわけだし、普通なら最後まで治療してもらうべきだが
治療費がきつすぎるので、保険治療に切り替えることにする

ここで10年ほど前に通っていた駅前の歯医者Aに戻る
通うにはバスと電車で一時間ほどかかるが、下手な治療で今までの苦労を水の泡にしたくない
デンタルレントゲンで見てもらった結果、神経の隅々まで薬が詰まっていて、処置は完璧にできているといわれた
そのまま2本の歯にシルバーのクラウンをかぶせてもらって、保険治療は終了
費用は10000円程度だった。
結論から言えば、私の場合自由診療限定の治療を受けることができず、最初から保険診療の歯科を探せばよかった

さて神経を抜いて、銀歯になった奥歯だが、5年以上たっても、時々痛みがでる
体が弱ったり疲れると、免疫反応が低下。
根の炎症が再発して、また根に薬をつめなおさなければならない
そうなるとまた銀歯を取り外して、再度つけかえることになる。
その治療中に歯を削るので、いずれクラウンをかぶせることもできなくなり、抜歯となる。

レントゲンは今のところ異常は見られないようだが、また神経の炎症が起こって、治療が水泡に帰す可能性がある
そう思うと毎日気が重い。

歯医者D

徒歩で10分程度でつく歯科
大きさはやはり医者一人、助手が数人と小さめ。
定期健診と歯石とりで通い、治療内容には特に不満がない
小さくて汚い歯医者Bに通うぐらいなら、最初からここに通っていればよかった

半年に一度通い、気になるところはチェックしてもらっていたのだが
突然虫歯の痛みが出てきた
その日は木曜日で歯医者Dの定休日
ほかの歯医者はないかと探し、たまたまやっていた歯医者Eに通い始める
歯医者Eで次々と虫歯が見つかり、またまた歯医者Dに不信感がめばえはじめる

人気の町医者 歯医者E

治療と説明が丁寧で、なぜか治療費まで安い歯医者E
ここは常連のお年寄りが多くて、予約がぜんぜん取れない上、
予約して訪れても一時間は待つことになる
大体いつも二人の医者に対して4人の患者がいるので
あちこち動きながら歯の治療と診察をしている

通院して虫歯を治療してもらったのだが、後日衝撃の事実を知らされる
治療を受けた歯4本、すべての神経を抜かれていたのだ

普通歯医者でそんな簡単に歯を抜くことは無い。
象牙質まで虫歯が神経しているからといって、事前に説明するものだ
しかしこの歯医者ではまったく説明が無く、後日心棒を入れたいといわれて
初めて神経が抜かれていることに気がついたのだ。

その間説明は一切無く、インターネットで、心棒がメタルコアであること、
そして無髄歯に使う処置である、ということを知っておかしいな思って、聞いたのだ

「えー治療した歯は全部神経をぬいておきましたよ」

といわれて、愕然とした。まったくそんなこと信じられなかった。
治療も時間がかかるものはなく、あっさり終わったので、削ってレジンでつめただけで終わっただろうと思っていた
しかし結果的に、三ヶ月の虫歯治療のうちに4本の神経を抜かれてしまっていた。

たしかにc2~c3クラスの虫歯はあったのだろうと思うが、まだ自発痛がないような歯も含まれていた。
神経も残せるような歯も確実にあったはずだ。

その歯医者は一見何の問題も無く、患者も多いし、応対も丁寧である
しかし歯の痛みがあり、麻酔が必要な虫歯の場合、基本的に神経を抜いてしまうそうなのだ
クチコミでもマイナスがつくような歯医者では無いし、絶対に見抜けない

あまりにもショックでそのことを歯医者に問い詰めたかったが、どうにもなら無い
もう歯の処置が終わっており、抜髄が適切だったかどうか検証できないし、除去した神経はもう元には戻らない
どうにもなら無い以上、象牙質まで到達する大きな虫歯がたくさんあったのだと思い込むしかない

その歯医者は悪気が合ったようには思えないし、治療費とろうという意思もないようである
患者はいすぎて困っている状態だし、治療費も安いのだ。
本当に神経の除去をよかれと思ってやっているのだろう
しかし個人的には4本も神経を除去して、事前に説明が無かったことに不信感が増大して、転医することにした
神経を抜いてもらった歯は、何かいやな痛みが消えず、予後のことを考えると絶望的な気分だった
たとえば歯のケアを怠っているのならわかる。
しかし熱心に歯磨きをして、甘いものを控えていて、熱心に歯医者に通っていて、4本抜髄なのだ
結局すべての努力が水の泡になった

歯医者6

根幹治療をしてもらった歯の接触痛がおさまらず、最根幹治療が必要だと判断
保険治療で念入りにやってもらったのに治らなかったことから、
歯科用CTとマイクロスコープ、ラバーダムを使った精密根幹治療をしてくれる歯医者を探す
これらの治療は10万程度かかるといわれている

いろんな歯医者に問い合わせたところ、すごい運がよくて、
保険治療で精密根幹治療をやってくれる歯医者を見つけて、無事治療が成功した
歯科用CTは自由診療になり一回15000円ほどかかるのが相場なのだが、初診料の範囲で取ってくれた
この根幹治療はいまだかつてないほど、苦しくとんでもなく痛かった。
個人的な経験で、治療時の痛みの大きさは、治療後の痛みの大きさに比例する
その後痛みは二ヶ月ぐらい続いた
噛むことができないほどの痛みだったが、無事完治したようだ

駅前は歯医者が多く、念入りに探せば、条件の良い歯医者はあったわけだ
しかし歯科医の善意によるもので、赤字なので、たまったものじゃないのだろうが

内藤歯科

メタルコアを入れた歯の痛みが止まらず、歯の根にひびが入っている可能性があり、
どうしようもないので、インプラント治療をしてくれる歯医者を探す

近場に良質なインプラント治療を宣伝する、内藤歯科が合ったので、受診する
ここは非常に条件がよく、セラミックより20%ほど高額なジルコニアクラウン
最高級のドイツ、ストローマン社せいインプラント、10年保障つきでお値段25万円となっている

初診でCTをとってもらい、診断してもらったところ、まだインプラント治療をするには早い。
問題が出てからうちに受診したほうがいいですよ。といわれる
なんとCTとってもらった上、初診だったのに、料金はただで診察してもらえた
病院のサイトではインプラント以外の項目がなく、ほかの治療もやっているのかと不安に思ったが
個室も多く、歯科医師も複数勤務するよい歯科だった
ほんと歯科というのはピンきりだな思った。
最初の病院なんか意地でもレントゲン取ってくれなかったんだが