ニートHP お勧めの勉強法

category
カテゴリ
Last Update

私は電気工事の勉強を何度も苦心して、結論を導いたが、
第二種電気工事の内容は難しすぎで、公式を理解しようとするのは、難しすぎる
問題と解答を暗記してしまうのが、試験合格には一番手っ取り早い。

この方法は以外に合理的で、第二種電気工事筆記試験は過去の問題がよく出題されるうえ、4択
たとえ全く理屈がわからなくても、手堅く最短で得点できる

上位の資格を目指さないのなら、ひたすら問題と解答を暗記してしまうのがよいだろう

最初からまったく内容を理解できずに問題に取り組むことになる
公式を理解してから問題に臨んだほうがいいとだれも思うだろうが
本当に理論が難しすぎるので、問題からのほうがマシなのだ

公式サイトで配布されている過去問をやるのはお勧めできない

試験の公式サイトで過去問が配布されているがこれをやるのはお勧めできない
解答のみで、解説が一切ないので勉強にならない

過去問書籍を購入して、普段はそれを勉強する
試験前に本番形式の慣れとして、過去問を使うぐらいでよい

解答が長い選択肢は正である

全く問題がわからない場合で、正解を選ぶコツ。
四つの選択肢の中で、問題文が一番長いものは、正の可能性が高い
つまり正しいものを選ぶ問題では、それを選べば正解かもしれない
また間違っているものを選ぶ問題では、その解答を真っ先に省き、消去法で他から選ぶ

これははっきいりって眉唾なのだが、何度も問題をやってみて、
問題文が一番長いものは正であることは多いのだ。
自分でも何度かやってみて、どれくらいあっているか見てみるとよい

しかし逆に文章が短いからといって、偽であるとは限らない。
あくまで解答が長いものが正である可能性がたかいというだけである

正解を選ぶには四つの中から仲間外れを選ぶ

文章形式で解答を選ぶ場合、必然的に四つの選択肢の中から他と異なるものひとつが正解になる
意味がわからないと思うが、解答を読んでみて、一つだけ、他と異なる選択肢が正解である可能性が高い