第二種電気工事士筆記試験 分岐回路の種類と過電流遮断機

分岐回路の種類には、過電流遮断機の大きさ、コンセントの定格、電線の最小太さが定められている
電線は太さは太いほど良い。コンセントは配線遮断機と同程度のAのものを選ぶ

分岐回路の種類 電線の太さ コンセント
15A       1.6mm以上  15A以下
20A配線用遮断機 1.6mm以上   20A以下
20Aヒューズ   2.0mm以上   20A
30A       2.6mm以上(5.5mm^2) 20A〜30A
40A       8mm^2以上   30A〜40A
50A       14mm^2以上   40A〜50A

@−1低圧屋内配線の分岐回路の設計で、配線用遮断器の定格電流とコンセントの組合せとして、不適切なものは。
[B]20A→15Aコンセント2個
[B]20A→20Aコンセント1個
[B]30A→15Aコンセント2個
[B]30A→30Aコンセント2個

@A定格20Aの配線用遮断器[B]を取り付けた分岐回路には20A以下のコンセントを使用する
C定格30Aの配線用遮断器[B]を取り付けた分岐回路には20A以上30A以下のコンセントを使用します。
B定格30Aの配線用遮断器[B]に対し、20A〜30A範囲ではないため不適切

@−2低圧屋内配線の分岐回路の設計で、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組み合わせとして適切なものは。
ただし、分岐点から配線用遮断器までは2[m]、配線用遮断器からコンセントまでは5[m]とし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。 また、コンセントは兼用コンセントではないものとする。
@[B]20A→2.0mm→20Aコンセント(||)20A 2個
A[B]20A→2.6mm→20Aコンセント(||)1個
B[B]30A→2.0mm→30Aコンセント(||)2個
C[B]30A→5.5mm^2→30Aコンセント(||)2個

B20A以上の配線用遮断器には太さ2.6o(5.5mm^2)以上の電線を使用する×
15A以上の配線用遮断器には、太さ1.6o以上の電線使用
定格20Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には、20A以下のコンセントを使用する。
定格30Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には、20A〜30Aのコンセントを使用する。

@−3低圧屋内配線の分岐回路において、配線用遮断器、分岐回路の電線の太さ及びコンセントの組合せとして、適切なものは。
ただし、分岐点から配線用遮断器までは3[m]、配線用遮断器からコンセントまでは8[m]とし、電線の数値は分岐回路の電線(軟銅線)の太さを示す。
@[B]30A--2.0mm→20Aコンセント(||)20A 1個
A[B]20A--2.6mm→30Aコンセント(||)1個
B[B]30A--5.5mm^2→15Aコンセント(||)2個
C[B]20A--2.0mm^2→20Aコンセント(||)2個

@定格30Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には、太さ2.6mm(5.5mm^2)以上の配線と、20A〜30Aのコンセントを使用する×
A定格20Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には、20A以下のコンセントを使用する×
B[B]30Aで太さ5.5の配線は適正。しかし20A〜30Aのコンセントを使用する×
C定格15Aには、太さ2.0mmの配線。定格20Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には、20A以下のコンセントを使用する○

@−7定格電流30[A]の配線用遮断器で保護される分岐回路の電線(軟銅線)の太さと、接続できるコンセントの図記号の組合せとして適切なものは。ただし、電流減少係数は無視するものとする。
@(||)30A 直径2.0[mm]
A(||)2 直径2.6[mm]
B(||)20A2 断面積5.5[mm^2]
C(||)2 断面積8[mm^2]
@30A以上の配線用遮断器には太さ2.6o(5.5mm^2)以上の電線と接続する
ACは無表記なので15Aのコンセント。30[A]の配線用遮断器と接続した電線では、コンセントの定格電流は20A〜30A必用
B定格30Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には20A〜30Aのコンセントを使用し、直径2.6mm以上か、断面積5.5mm^2以上の電線を接続する

@−8定格電流30[A]の配線用遮断器で保護される分岐回路の電線(軟銅線)の太さと、接続できるコンセントの図記号の組合せとして適切なものは。ただし、電流減少係数は無視するものとする。
@(||)20A 断面積5.5[mm^2]
A(||)3 断面積8[mm^2]
B(||)2 直径2.6[mm]
C(||)20A 直径2.0[mm]

定格30Aの配線用遮断器を取り付けた分岐回路には20A〜30Aのコンセントを使用し、直径2.6mm以上か、断面積5.5mm^2以上の電線を接続する
AとBはコンセントの定格電流、Cは電線の直径が不適切です。

h24a36無表記(15A)のコンセントとつながっている過負荷保護装置の定格電流の最大値[A]は

15Aのヒューズあるいは配線用遮断器でも良いのですが、電技第149条では
「コンセントが20A以下の場合は、定格電流が15Aを超え20A以下の配線用遮断器」を使用できることになっています。
問題は、配線用遮断器の【最大値】を求めているので、20Aが答えになります。