NEETLIFE チェーンの分解洗浄

クロスバイクのチェーンの洗浄は、チェーン自体を取り外して洗浄する方法がある。

この方法は、はじめにチェーンにミッシングリンクはめ込み、チェーンを取り外す手間が必要になる。しかしチェーンをギアにはめたまま洗浄するより、短時間でよりきれいに洗浄することができる。またギアホイールの洗浄、リアタイヤも着脱できるようになり、他の部分のクリーニングもはかどる

チェーンについて常に、使用中のものと予備の二つを用意する。うわさによると二つのチェーンを交互に使ったほうが、チェーンのもちは良いんだとか・・・

上記の真偽は不明だが、チェーン二つを用意するメリットはある。一つは、チェーンを切る長さがわかりやすいことである。使用中のチェーンと新しく購入した切ってないチェーンを並べて、同じ長さにチェーンを切ることができる。スポーツサイクルの適切なチェーンの長さを調べて切るのは難しく、それに比べてこの方法は簡単である

二つ目は販売されているミッシングリンクには、新品が二セット入っていることである。二つのチェーンにはめることができる。

なお使っていないチェーンはチェーンルブにつけて浸透させておくと良いらしい。購入した新品のチェーンも、チェーンルブに浸した状態で包装されている。一理あるなと思うが、チェーンをルブに浸していると保管が面倒になるうえ、チェーンをはめるとき汚れがあちこちについてしまう。私自身はチェーンは洗って乾燥させるだけにとどめている。

取り外したチェーンの洗浄

取り外したチェーンは小さなステンレスのカップに入れて、チェーンディクリーザーに浸す。チェーンの取り外し洗浄する場合は、高浸透ディクリーザーを惜しげもなく使える。テンレスカップは直径12cmの平凡なもので、100円で売っていて、何度でも使いまわせる。同じく100円ショップで売っているふたで密閉すればシェイクも可能である。そこまでする必要ないと思うが。

漬け込んだ後、普通のタワシでゴシゴシこすって、ハンガーなんかにつるして乾燥させる。ディクリーザーとかに漬け込んでも、タワシみたいな硬いブラシじゃないと汚れは落とせない

洗浄が難しいのはリンクがあるチェーンの内側部分である。ブラシの歯が届きにくく、汚れやべたべたしたオイルが残ってしまう。気合を入れてゴシゴシ磨かないと、ここは洗浄できないだろう

チェーンを清掃したら、ギアホイールやスプロケットもウェスで拭いて置く。ギアホイールは取り外すのが難しく、チェーンをはずして、クランクをまわして、地道にウェスで拭いていくしかない。

スプロケットもはずすことができるが、これは微妙だった。はずすのが難しい上に、スプロケット自体があまり分解できない。そもそもこの部位はパーツクリーナーを吹きかけてウェスでふき取るだけで十分にきれいにできるので、素人はわざわざ分解する必要ないのかもしれない