NEETLIFE KMSPicoは安全か?

windowsやofficeなど、microsoft製品をクラックするKMSPicoというツールがある。この違法ソフトにウィルスとスパイウェアが含まれているのは、すでに周知の話である。しかしウィルスが入っていようが、実は気にせず使えるかもしれない、と気になるユーザーは多いだろう。

今回win10の環境で、office2013を利用するため、KMSpico10.2.1だけをインストールしてみた。 結果だがインストールするだけではwindowsが起動できなくなるようなことはなった。しかしウィルスだらけなのは事実で、心配すぎてとても使えたもんじゃないという結論である

ハッキングツール、二種類のウィルス

とりあえず、どこかでKMSPicoをダウンロードしようとする。するとgooglecromeに「危害を及ぼす可能性がある」と警告される。この時点でかなり不安だが、無視して続行しなければならない。

インストールしようとすると、norton先生がウィルスとハッキングツールを検出してインストールできない。しかも単なるスパイウェアだけでなく、リスク高いのウィルスばかりである。これをインストールするには、ウィルスソフトの自動保護を無効にしてインストールしなければならない。

自動保護を無効にしてインストール終了。nortonのウィルスチェックを行うと、一種類のハッキングツールと二種類のウィルスが検出された。

PUA.Keygen.KMS
リスク: 中 (中 ステルス, 中 削除する, 中 パフォーマンス, 中 プライバシー)
カテゴリ: ハッキングツール
9 ファイル
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 要再起動
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\kmspicoactivator.exe - 要再起動
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\kmspico_setup.bat - 削除されました。
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\registry_activation_1593077924.exe - 要再起動
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\win10editionscomparetable_final.pdf - 削除されました。
c:\programdata\zvmimcgqez\cfgi - 要再起動
c:\programdata\zvmimcgqez\cfg - 要再起動
C:\Program Files (x86)\kmspico 10.2.1 final - 要再起動
c:\programdata\zvmimcgqez - 要再起動

Trojan.Gen.NPE
種類: 異常
リスク: 高 (高 ステルス, 高 削除する, 高 パフォーマンス, 高 プライバシー)
カテゴリ: ウイルス
1 個の感染ファイル
c:\$recycle.bin\s-1-5-21-4208061658-1820161147-792985535-1000\$r6ek2h3.rar - 削除されました。
1 個のブラウザキャッシュ

Trojan Horse
リスク: 高 (高 ステルス, 高 削除する, 高 パフォーマンス, 高 プライバシー)
カテゴリ: ウイルス
3 ファイル
c:\programdata\zvmimcgqez\cfgi - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez\cfg - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez - 何も処理しませんでした
1 個のプロセス
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
1 個の感染ファイル
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
1 個のブラウザキャッシュ

Trojan Horse
リスク: 高 (高 ステルス, 高 削除する, 高 パフォーマンス, 高 プライバシー)
カテゴリ: ウイルス
3 ファイル
c:\programdata\zvmimcgqez\cfgi - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez\cfg - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez - 何も処理しませんでした
1 個のプロセス
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
1 個の感染ファイル
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
1 個のブラウザキャッシュ

Trojan Horse
種類: 異常
リスク: 高 (高 ステルス, 高 削除する, 高 パフォーマンス, 高 プライバシー)
カテゴリ: ウイルス
-----------
3 ファイル
c:\programdata\zvmimcgqez\cfgi - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez\cfg - 何も処理しませんでした
c:\programdata\zvmimcgqez - 何も処理しませんでした
1 個のプロセス
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
2 個の感染ファイル
c:\programdata\zvmimcgqez\activation.exe - 何も処理しませんでした
c:\program files (x86)\kmspico 10.2.1 final\activation.exe - 何も処理しませんでした
1 個のブラウザキャッシュ

これらのファイルは無事に消去され、問題なくwindowsは動作できている。しかし流石にこれだけウィルスだらけだと、この先も安全とはとても言えない。どこかにウィルスやハッキングツールが残り、リスクになる可能性があり、即アンインストールした。

違法ソフトは危険だと脅されなくても、インストールする勇気すら持てないほど、KMSPicoはウィルスだらけだった。kmspicoはいろんなバージョンがあるが、どれもこんなもんである。

ヤフオクでoffice2013シリアルを500円で購入する

過去ヤフオクでwindows7のプロダクトキーを1000円で購入できた。今回もヤフオクでシリアルが売ってないか探してみる。

ヤフオクでは、officeのプロダクトキーも格安で大量に出品されている。私の場合Microsoft Office 2013 Professional Plusのシリアルが、500円で落札できた。この値段なら詐欺られても痛い程度で済む。

取引は非常に簡単で、落札後かんたん決済で支払い(Tポイントで支払った)を済ませると、5分後に取引ナビで、プロダクトキーを教えてもらった。

出品者より教えてもらったDL先より、2013 Professional Plus 64bit 日本語版をダウンロード&インストール。アカウント→製品情報→ライセンス認証→プロダクトキーを入力。一度目で無事認証された。電話認証まで進むかと不安だったが、結局落札から10分でoffice2013のライセンス認証が完了した。

このプロダクトキーがどこからはぎ取られたものか不明だし、出品者の日本語も怪しかった(中国人?)が、KMSPico試すよりはリスクは少ないだろう。

最新のoffice2016も大量に出品されており、こちらのシリアルキーは1200円程度で販売されている。